大相撲

阿炎7番勝負

三月場所、阿炎が土俵に帰ってきた。阿炎の
最後の土俵は昨年(2020年)の七月場所6日
目の竜電戦であった。七月場所前から七月
場所中にかけて外出禁止のなか複数回にわた
ってキャバクラに通ったあげく、虚偽の報告
をしていた。そのため、3場所に渡って出場
停止となっていた。しかも今度やったら2度
目はないと釘をさされていた。新婚だったが、
相撲部屋で師匠管理下のもとでの生活となっ
た。番付は前頭5枚目から幕下の56枚目まで
下げての土俵復帰であった。

■初日

泉川(上手投げ)阿炎○

■4日目 

○阿炎(押し出し)佐々木山

■5日目

○阿炎(押し倒し)阿蘇ノ山

■7日目

○阿炎(すくい投げ)篠原

■9日目

天王山(押し出し)阿炎○

■11日目

徳之武蔵(押し倒し)阿炎○
徳之武蔵は三段目の全勝力士。

■13日目

時栄(引き落とし)阿炎○
時栄は幕下15枚目で勝てば十両入りのところ
だった。

阿炎は、ブランクはあったが、幕下相手では
余裕の相撲で勝ち進んだ。7戦全勝で幕下
優勝し、50万円を獲得した。

五月場所は幕下上位にあがるが、どこまで
やるか・再び注目が集まる。

古本を読みました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.