大相撲

チケット始動と七月場所の行方

五月場所の先行予約が今日4月2日11時から
始まった。先行予約は1次と2次に分けて3
日間ずつ行われる。一般発売は4月10日10時
からである。発売日は予定通りである。コン
ビニ発売はない。チケットの引き換えは共に
5月8日と初日前日になる。

三月場所は緊急事態宣言でチケットがいつ
販売になるかまるでわからず、約2週間前に
突然販売された。それが平日のガラ空きに
つながったのでは、という見方があった。
もうひとつは2階イス席が席を選べるのに
対し、1階マス席、ボックス席はどこの席に
なるのか皆目わからない点がある。

五月場所は横綱白鵬の休場が決定的である。
朝乃山・貴景勝・正代の大関陣は優勝争いが
できるのか。若隆景・明生はどこまでやれる
のか。期待と未知数のなかで前売りは始まる。

七月場所は名古屋開催となった。これは国技
館がオリンピックのボクシング会場になる
ためである。七月場所とオリンピックの開催
はかぶらない日程である。だが、五月場所後
すぐに準備に取り掛かるため、7月は国技館
が使用できなくなるわけである。

聖火リレーは行われているが、オリンピック
は本当に開催できるのか。いくら日本がやる
つもりでも各国から選手が来られるとは限ら
ない。また、新型コロナウイルス感染者数が
増えてくることが考えられる。大阪はじめ、
まん延防止措置が現実に行われている。

名古屋場所開催だって簡単ではない。協会員・
関係者約800人の大移動である。力士に感染
者がでたら、病院の確保はできるのか。部屋
でクラスターが発生したら深刻である。濃厚
接触者はどこで隔離するのか。変異ウイルス
の感染だってありえる。

観客は半分フルにはいっても1日3800人で
ある。協会員・関係者約800人の往復移動費、
宿泊費、引越に相当する生活関連の荷物の
往復運搬、マス席の骨組み解体、会場の使用
料など費用は東京開催の比ではない。予定
通りだと5月22日に七月場所のチケットを
発売することになる。だとするともうあと
には戻れないことになる。

大相撲は地方場所開催でますます難しい対応
を迫られることになる。

三月場所の若隆景の写真をピックアップしました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.