大相撲

■三月2日目 上手取れない白鵬が一瞬の小手投げ

2日目の国技館はけっこう空席が目立った。
イス席はいうまでもないが、マス席C、マス
席Bがブロックで空いていた。そういえば
3日目から千秋楽までチケットはまだ購入
できる状況である。

<空席>

相撲はどうだったか。気になるのはやはり
休場あけの白鵬である。2日目の対戦相手は
四つ相撲の宝富士である。宝富士は左四つ
だから右四つ白鵬とはけんか四つである。
相撲は白鵬が手を出して牽制。さし手争い
から右四つになった。だが、宝富士は右下手
をがっちり取り、白鵬に左上手を与えない
体勢をつくった。白鵬の左はどうやっても
まわしに届かないほど遠い。むろんまきかえ
も不可能である。

<白鵬上手取れず>

白鵬絶体絶命。昔の白鵬なら反応が早く、
いつまでも悪い体勢でいることはなかった。
それが白鵬相撲の特徴だった。宝富士が出よ
うとした瞬間、白鵬は体を開いて一瞬の小手
投げ。宝富士を土俵にころがした。白鵬は
上手が遠く取れなくてもそれほどあわてた
ようすはなかった。ここまで読んでいたのか。

<白鵬(小手投げ)宝富士>

白鵬の老獪な相撲だった。しかし、3日目は
阿武咲戦である。1年前の三月場所、白鵬は
優勝したが、阿武咲に負けている。昨年の
七月場所は御嶽海に負けている。白鵬の試練
は続きそうである。

けんか四つといえば朝乃山右四つ、高安左四つ
の一番にもあてはまる。相撲は右四つになっ
たが、高安は朝乃山に上手を与えない体勢と
なった。ひきつけてどんどん前に出ていって
正面土俵に寄り倒した。朝乃山はまたも序盤
の取りこぼしを克服できなかった。

<高安(寄り倒し)朝乃山>

優勝大栄翔と減量貴景勝が激突した。ともに
押し相撲。どちらの押しが勝るか。相撲は
激しい突き押しの応酬となったとなったが、
そのなかで貴景勝の突き落としが決まった。
貴景勝はきびきびした相撲が取れている。

先場所優勝の大栄翔は2連敗スタートとなっ
た。連続優勝なし記録は16場所連続になり
そうな流れである。

幕下の相撲が興味深かったです。
興味深いテーマをこれからもお届けします

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.