大相撲

あるのか!大関の優勝

両横綱の休場が続いている。そんなときこそ
大関は優勝のチャンスと思いがちだが、印象
は薄い。ここ3年1場所、つまり平成30年
以降、全横綱の休場が9場所あった。その
うち大関が優勝したのは令和2年十一月場所
の貴景勝だけである。大正15年優勝制度が
正式にスタートして以降、全横綱休場、横綱
不在、横綱引退による皆勤横綱がいなかった
場所で大関はどれくらい優勝してきたのか。
49場所中24場所が大関の優勝である。ただし、
最高位大関の優勝は7場所である。

大関はときには横綱以上の存在価値を示さ
なければならない。翻って現大関はどうなの
か。正代は大関2場所だけだが、「光陰矢の
如し」で時の経過は早い。まして正代は29歳
だから勝負時がある。新大関でいきなりの
途中休場は勢いがそがれた。一月場所は相撲
内容がもうひとつだった。成績も11勝に終わ
ってしまった。どうも中途半端な印象が残る。
きたる三月場所は優勝戦線のトップを走り、
正代ありを示していただきたい。

<正代の優勝>

朝乃山は大関4場所経過したが、12勝-10勝
-1勝2敗12休-11勝である。優勝に最も
近かったのは七月場所である。だが、1敗
同士で照ノ富士と対戦して敗れている。朝乃
山はどうも取りこぼしが目立つ。前半から
優勝を争えず、になっている。まず、これを
解消することである。照ノ富士には1度も
勝てない。右四つだけでは勝てない。工夫が
必要である。朝乃山は2つのハードルを越え
ることから始めることである。

<朝乃山の優勝パレード>

貴景勝は優勝した後負け越してしまった。
それも負けが込んでの途中休場だった。太り
過ぎの指摘があったが、17キロ減らした。
それも食事制限ではなく、稽古によるもの
だというからそれはいい。貴景勝は3度目の
カド番である。大関在位9場所で3度はいさ
さか多い。また、9場所中10勝以上は3回で
ある。どうも並みの大関程度の実績である。
ただ、まだ24歳と若い。成長途上であり、
未来がある。何かきっかけがあれば飛躍でき
る。

<貴景勝の優勝>

両横綱は、年齢的に優勝は簡単ではない。
となるとやはり大関の出番である。これ以上
関脇以下に優勝を奪われないよう意地をみせ
ていただきたい。

カクテキでご飯を食べました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.