大相撲

大関優勝の時代はくるか

2横綱の休場が続く中、一月場所優勝した
のは元関脇の大栄翔であった。昨年(2020年)
は5場所中4場所2横綱が休場するなか、
大関の優勝は十一月場所の貴景勝だけであっ
た。それも大関優勝は2017年の大関稀勢の里
以来であった。大関は協会の看板であり、
横綱に次ぐ地位であり、特別待遇を受けて
いる身分である。それにも関らず優勝が間遠
なのが大関なのである。そこで現役3大関を
分析してみることにした。

正代はまだ大関2場所だが、今後を占う意味
で2場所のままとりあげることにした。まず
は地位別対戦成績を出してみた。関脇以下の
勝率、貴景勝は0 . 6598、朝乃山は0.7174、
正代 は0.7368である。大関在位場所数で割れ
ば貴景勝は関脇以下に1場所3.7敗、朝乃山は
3.3敗、正代は2.5敗していることになる。

<優勝した大関貴景勝>

優勝する条件は取りこぼしを少なくすること
と優勝を争う力士との直接対決に勝つことで
ある。大関貴景勝が優勝した十一月場所、
取りこぼしは翔猿戦だけで、優勝を争う志摩
ノ海に勝っている。千秋楽照ノ富士には負け
たが、優勝決定戦でリベンジしている。

休場を含む大関負け越しは、貴景勝4回、
朝乃山・正代1回である。貴景勝は、9場所
中4回はいささか多い。休場率=(休場数+
不戦敗)/大関在位場所数×15はどうか。
25%だと4日に1回は休んでいることになる。
20%だと5日に1回は休んでいることになる。
大関は休まずに1年は出場していただきたい
ものである。

<朝乃山>

最高成績はどうか。貴景勝は大関9場所中
13勝1回、12勝1回である。朝乃山は大関
4場所中12勝が最高である。13勝以上の壁を
破れないでいる。正代はこれからである。
関脇以下で13勝を2回経験しているだけに
優勝はあり得る。

<正代>

2横綱はもはや品格力量抜群とはいかない。
大関はときには横綱以上の存在価値を示さ
なければならない。横綱大鵬が衰えたとき、
大関が4場所連続優勝したことがあった。
再び大関優勝の時代がくることを3大関に
期待したい。

時津風(元時津海)親方の処分は持ち越しに。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.