大相撲

■一月11日目 正代、きわどい相撲・負け相撲を制する

1敗の大栄翔の平幕8番勝負、4番手は阿武
咲である。阿武咲はここまで6勝4敗。関脇
照ノ富士・隆の勝、大関貴景勝に勝っている。
相撲は大栄翔のあたってからの突き押しが
決まり、阿武咲は後退。勝利は大栄翔のもの
かと思った。だが、次の瞬間、阿武咲が大栄
翔の伸びてくる右手を左から力をそらすよう
にすると、大栄翔は土俵をとび出した。決ま
り手は突き落としになった。大栄翔はもった
いない敗戦で2敗になった。

<阿武咲(突き落とし)大栄翔>

昨日の10日目、正代は物言いの相撲だった。
まさか今日はあるまいと思っていた。対戦
相手は隠岐の海である。正代が優勝した昨年
(2020年)の九月場所、隠岐の海に負けて
いる。相撲は正代が差し勝って一気に東土俵
に出て行くが、隠岐の海が突き落とすと正代
の体が飛んだ、だが、隠岐の海足も微妙で
軍配は隠岐に海にあがった。だが、物言いが
ついた。まさかの線となった。

<正代(胴体取り直し)隠岐の海>

勝負はかなりスピーディであった。審判の
協議はかなり長引いた。お客さんの中には
帰り始める方がでてきた。それも複数である。
協議の結果、取り直しとなった。

取り直しは仕切り2回目で制限時間いっぱい
となった。取り直しは通常上位が優勢である。
立ち合い、左四つ正代上手が取れない。正代
まわりこんですくい投げ。隠岐の海こらえて
東土俵へ一気に寄り立てる。正代こらえるも、
隠岐の海体を預け、ダイナミックに寄り倒し
た。ところがまたも物言いである。寄り倒し
にいったとき、隠岐の海の右足が土俵の外に
踏み出していたとして勇み足で正代の勝ち
となった。

<正代(勇み足)隠岐の海>

それにしても正代は微妙な勝負になりながら
取り直し。負けたと思った星をひろうなど、
11日目は幸運に恵まれた日になった。これで
正代はトップに並んだ。

残り4日の予想対戦予想は以下である。
正代-竜電、隆の勝、照ノ富士、朝乃山
大栄翔-明生、志摩ノ海、逸ノ嬢、隠岐の海
あたりか

まだ大栄翔が有利であるが、正代のツキが
どう作用するか。さらに優勝ラインが3敗の
低レベルまで下がるか。残り4日間で決まる。

相撲仲間の母と一緒に観戦しました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.