大相撲

照ノ富士2015年の栄光2

迎えた2015年五月場所、横綱は白鵬、日馬
富士(同部屋で対戦なし)、鶴竜(全休)、
大関は稀勢の里、琴奨菊、豪栄道であった。
23歳照ノ富士は東関脇であった。

<稽古総見の照ノ富士(前左)>

初日波乱のスタートとなった。先場所優勝の
白鵬、次点の照ノ富士が相次いで敗戦となっ
た。照ノ富士の対戦相手は佐田の海であった。
佐田の海はまだ上位挑戦2場所目の力士。
もっとも初挑戦で7勝8敗と予想 以上に
大検討したから油断はできなかった。 相撲は
照ノ富士らしからぬ腰の軽さが気に なった。
堅くなったかリズムがおかしかった のか、 双
差しになられても大関さえねじ伏せ る力強さ
は見られなかった。

<佐田ノ海に敗北>

9日目、照ノ富士が徳勝龍によもやの敗戦で
2敗に後退した。調子を下ろしたとしか思え
ない相撲での敗戦であった。敵は相手力士
だけではない。相撲は15尺という限られた
円で戦う。ちょっとした心の持ちようで土俵
際へ追い込まれる。それだけにスキのない
相撲が求められる。

白鵬1敗、照ノ富士2敗での直接対決は11日
目に実現した。2敗はほかに上位では稀勢の
里がいた。頂上決戦第一ラウンドとして白鵬
と照ノ富士が激突した。今場所はみちがえる
相撲で白鵬が照ノ富士に力を発揮させること
なく圧倒した。

<下手投げで稀勢の里に勝利>

12日目、稀勢の里が照ノ富士に力負けして
ともに3敗となった。この日はさらに意外な
土俵展開が待っていた。白鵬対豪栄道戦の
捨て身の首投げで白鵬2敗となった。

千秋楽をむかえ、3敗白鵬、照ノ富士が並ん
だ。照ノ富士は緊張することなく、碧山を
堂々と寄り切って12勝。白鵬の結果待ちと
なった。白鵬の場合は勝負に対する執着、
執念次第である。何が何でも勝って7連覇を
達成するという意気込みがどれくらいあるか
である。実際は豪栄道戦、稀勢の里戦の負け
方で意気消沈している部分があるような気が
した。結果は立ち合いから果敢に攻めるも、
日馬富士にもぐられ、惨敗した。

<照ノ富士初優勝>

この瞬間照ノ富士の初優勝が決定した。新し
い英雄の誕生に観客は歓喜し、座布団を飛ば
して歓迎した。優勝だけでなく、大関昇進が
決定的になった。

(この項目続く)

捜し物はまさかのところを捜せというが…。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.