大相撲

現代相撲部屋継承事情6

2020年9月9日

引き続き4代続いた部屋を見ていこう。

・立浪(元旭豊)部屋
緑嶋友之助は春日山(元朝日森)部屋に入門
し、春日山(元当たり矢)部屋のとき立浪
部屋として独立した。横綱双葉山、横綱羽黒
山、大関名寄岩の立浪三羽烏を育て一大勢力
を築いた。立浪(元緑嶋)は双葉山に「ほう
びに娘をやろう部屋も継がせる」ともちかけ
た。だが、双葉山には心に決めた女性がいた。
それだけではなかった。立浪(元緑嶋)と
双葉山は様々な点で意見が折り合わなかった。
その結果、双葉山は昭和16年、双葉山相撲
道場として独立した。立浪は結局、娘と結婚
した羽黒山に部屋を譲ることにした。

<安念山のブロマイド>

元緑嶋が亡くなると羽黒山は二枚鑑札で部屋
を継いだ。元羽黒山の立浪のとき、若羽黒、
安念山、北の洋、時津山が立浪四天王として
花開いた。追手風(初代清水川)の定年に
ともない弟子を引き取っている。羽黒山亡き
後は長女と結婚していた元2代目羽黒山=
安念山が引き継いだ。大関旭國、関脇黒姫山
を育てるも、横綱双羽黒と対立し、双羽黒が
相撲界を去る事態を招いている。

大島(元旭國)部屋出身の元旭豊を立浪の
長女の婿養子にして、元旭豊は元2代目羽黒
山=安念山の定年後後継者として歩むことに
なった。ところが、先代立浪と現立浪(元
旭豊)のトラブルはたえなかった。ことの
はじまりは旭豊の引退相撲の利益を先代と
妻に持ち去られるという金銭トラブルだった。
部屋の運営・指導でも意見があわなかった。
立浪の長女とはその後離婚。あらたに部屋の
明け渡しと立浪の譲渡金1億7500万円の支払
いを争う裁判が先代立浪と現立浪との間で
おこなわれた。この裁判は最高裁までいき、
元旭豊が勝訴している。

<立浪(元旭豊)>

部屋は現在つくばみらい市にかまえている。
かつては立浪・伊勢ヶ濱(照國-清國)連合
だったが、元旭豊の立浪で変わってしまった。
一時期貴乃花一門に属したが、現在は出羽海
一門に所属している。

・友綱(元旭天鵬)部屋
高嶋(元八甲山)部屋出身の弾丸巴潟は、
引退後玉垣部屋を創設した、名跡変更でその
後安治川部屋となった。師匠の高嶋(元八甲
山)が亡くなると高嶋部屋を継承した。横綱
吉葉山、大関三根山、関脇輝昇の高嶋三羽烏
を育てた。友綱(元矢筈山)の養女2人の
うちの姉を嫁にしていた関係もあって、友綱
(元矢筈山)の停年退職をうけて、さらに
友綱に名跡を変更した。なお、元矢筈山の
友綱部屋は定年前に閉鎖している。

<巴潟のブロマイド>

友綱(元巴潟)の停年退職をうけて、部屋を
継いだのは元一錦であった。友綱(元矢筈山)
の養女2人のうちの妹を嫁にしていた。魁輝
は先代の弟子だが、関脇まで育てた。魁皇は
晩年の弟子だった。定年で部屋を元魁輝に
譲った。大島(元旭國)親方が定年で部屋を
閉じるとき、弟子を引き取っている。その
中に旭天鵬がいた。友綱(元魁輝)の定年が
迫ったとき、大島(元旭天鵬)と名跡交換を
し、現在に至っている。

<友綱(元旭天鵬)>

(この項目続く)

地元に1件しかない本屋に行ってきました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.