大相撲

高砂の系統1

高砂の系統は正確性から難しいテーマとなる
だけにこれまで発表を控えてきた。だが、
いつまでもそれではいけない、と明らかに
していくときがきたようである。高砂部屋
から何をイメージするだろうか。突き押しの
パワー相撲力士=前田山、朝潮(前名米川)、
ハワイの高見山、前の山、富士桜、朝潮(前
名長岡)、小錦などか。最近では、お騒が
せ横綱朝青龍、現在は新大関朝乃山のイメー
ジであろう。

<朝青龍 旗手朝赤龍>

高砂部屋をルーツとする分家は東関(元高見
盛)部屋、錦戸(元水戸泉)部屋、錣山(元
寺尾)部屋、陸奥(元霧島)部屋、高田川
(元前の山→元安芸乃島)部屋である。二所
ノ関の系統、出羽海の系統よりやや少ないと
思うかもしれないが、実は高砂部屋の分家は
誕生しては閉鎖(消滅)する歴史でもある
のだ。名門高砂の系統はどのような歴史を
辿ってきたのか。改めて振り返ってみよう。

高砂部屋の始まりは風雲児高砂浦五郎からで
ある。どの辺りが風雲児か。時代は藩のお抱
え力士であった江戸から廃藩置県が実施され
る明治への変遷期であった。相撲会所(日本
相撲協会の当時の呼称)のナンバー1筆頭
玉垣、ナンバー2筆脇伊勢ノ海五太夫であっ
た。その専横ぶりは力士への支給なしや番付
のいいかげんさに表われていた。

<高砂浦五郎>

玉垣は前身が判明せず、謎の人物とされて
いる。力士時代はたいした地位でなかった
とか、名目で番付に名を載せ、実質力士で
なかったのでは、など様々な説がある。玉垣
は本所中ノ郷、原庭の平戸藩松浦候下屋敷に
住んだことから原庭玉垣と呼ばれた。伊勢ノ
海五太夫は元前頭筆頭柏戸宗五郎とはっきり
している。

明治6年の秋、人望のあった高砂を中心に
改革賛同派は行動に移った。巡業先から興行
収入の明確化、力士の給料支給などを相撲
会所につきつけたのである。これに対し、
相撲会所は番付から高砂ら改革賛同派を黒塗
りにして締め出したのである。これを受けて
高砂は京都相撲や大阪相撲と手を組んで、
高砂改正組を組織した。

(この項目続く)

歯の検診があります。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.