大相撲

横綱の対大関戦の成績1

横綱は大関の次の地位ではない。特別な地位
であり、大関とは差がある、という見方が
ある。それでは実際横綱の対大関戦の成績は
どうなのか。横綱といってもピンからきり
までいるし、横綱を目指す勢いのある大関は
強豪かもしれない。対象は横綱が実質地位化
した常陸山以降(東京)をみていくことにする。

<常陸山のブロマイド>

常陸山・2代目梅ヶ谷が横綱になったのは、
明治37年春場所であった。2人が横綱になっ
たことで大関は空位となった。横綱対大関戦
はしばらくなかった。なお、取組は同じ方屋
同士の対戦はなかった。明治38年夏場所、
國見山と荒岩が大関に昇進した。國見山は
梅ヶ谷サイドであり、荒岩は常陸山サイドで
あった。

常陸山対國見山は預かりに終わった。預かり
とは、勝負の判定がくだせず、行司・検査役
が勝負を預かり置くことで、引き分の一種で
ある。今なら取り直しとなるところだが、
当時はまだない。梅ヶ谷は途中休場のため、
荒岩戦は実現しなかった。ところが梅ヶ谷対
荒岩戦はその後も実現しなかった。この時代の
横綱・大関は途中休場が目立つせいであった。
荒岩は最後梅ヶ谷サイドに組み込まれてしま
った。

<梅ヶ谷のブロマイド>

横綱梅ヶ谷の大関戦は明治40年夏場所であっ
た。駒ヶ嶽戦で敗れている。明治43年夏場所
国技館が開設されると、東西制が施行された。
これは、取組制度は変わらないが、東西どちらが
勝ったかという団体戦が加味された制度である。
勝ったほうが来場所東にまわるシステムである。

太刀山が大関に昇進してくると常陸山に立ち
ふさがってきた。人によっては太刀山を史上
最強の力士に指定しているが、結局常陸山は
2敗1分に終わっている。梅ヶ谷は大関太刀
山戦こそなかったが、駒ヶ嶽に分が悪く、
1勝4敗1分である。横綱常陸山の大関戦は、
2勝3敗4分1預、横綱梅ヶ谷の大関戦は
2勝4敗3分とともに負け越して終わって
いた。

(この項目続く)

2020大相撲力士名鑑(報知新聞社発行)を見ています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.