大相撲

20歳以下の新入幕力士1

ホープ中のホープ琴勝峰が三月場所十両優勝
を決めて入幕を果した。20歳という若さで
ある。前途洋洋、どこまでのぼりつめるか、
期待は大きい。20歳以下で入幕した力士は
琴勝峰だけではない。どんな力士がいるか
調べてみた。対象は明治42年夏場所、国技館
開設以降の新入幕力士とした。なお、2代目
梅ヶ谷以降両国国技館の土俵にあがった力士
を含めると2代目梅ヶ谷と玉椿が19歳で入幕
している。

<琴勝峰>

■大蛇潟
明治43年夏場所、大蛇潟粂蔵が19歳で入幕
した。大蛇潟という名の力士は複数いる。
ここでは明治から大正にかけて活躍した力士
を指す。この四股名は新入幕で改名したもの
であり、十両では能代潟だった。のちに大響、
さらに錦島に改名している。幕内を9年1場
所務め、最高位は関脇だった。横綱常陸山、
大関西ノ海に勝ったことがある。

<大蛇潟のブロマイド>

■石山
明治44年夏場所、20歳で新入幕。石山は本名
ではない。2代目梅ヶ谷と同じ雷部屋。小兵
であるが、前さばきと速攻、上手投げで活躍
した。7年幕内を務め、最高位は前頭筆頭
だった。引退したときはまだ27歳だった。

<石山のブロマイド>

■常ノ花
大正で唯一の20歳新入幕である。この点は
出羽海部屋の先輩の大錦(23歳)、栃木山
(22歳)も及ばない。大正6年夏場所、20歳
で入幕すると23歳で大関に27歳で横綱に昇進
した。栃木山引退後、第一人者として土俵を
務めた。昭和5年31歳まで務めた。横綱勝率
は東西制で8割1厘。優勝10回、横綱優勝率
40%。なお、横綱の場所中引退は常ノ花が
始まりである。

<常ノ花のブロマイド>

■武蔵山
昭和4年夏場所、19歳で新入幕。常ノ花の
後輩にあたる。飛行機昇進といわれるくらい
出世が早かった。22歳で大関に、26歳で横綱
に昇進した。だが、破壊された右腕が再発し、
横綱時代は休場につぐ休場。皆勤はわずか
1場所で7勝6敗と惨憺たる成績だった。
29歳で引退した。

<武蔵山のブロマイド>

■沖津海
昭和6年春場所、20歳で新入幕。のちに沖ツ
海に改名。幕内は3年=10場所で、関脇3場
所小結2場所を務める強豪であった。優勝を
1回成し遂げている。大関を狙える器であっ
た。婚約・部屋の後継が決まった沖ツ海を
悲劇が襲った。昭和8年山口県萩市の秋巡業
中、フグ中毒で死亡してしまった。23歳と
いう若さであった。

<沖ツ海のブロマイド>

(この項目続く)

肌寒い日々が続きます。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.