大相撲

悲劇に包まれた相撲界

衝撃のニュースが飛び込んできた。新型コロ
ナウイルスで入院していた現役力士が13日
午前0時半に亡くなられたのである。死因は
新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全
であった。その力士は勝武士で、28歳という
若さであった。勝武士は高田川(元安芸乃島)
部屋所属、三段目82枚目、土俵歴は約13年に
及んでいた。初っ切りによく登場していた
から覚えている方もいるのでは。相撲界から
初の帰らぬ人が出てしまい、はかりしれない
ほどショックで痛々しく、悲しい知らせになっ
てしまった。

<在りし日の勝武士>

それにしても4月4日から5日に発熱して
から、師匠たちが保健所や病院に電話したが、
まったくつながらなかったという。近隣の
いくつかの医療機関に相談するも、みつから
なかった。血痰が出るに及んで救急搬送と
なったが、それでも受け入れ先はなかなか
みつからなかった。大学病院に入院できた
のは、発熱から4日経っての夜であった。

もっと早く治療がおこなわれていれば悲劇は
なかったのでは。こうした治療の遅れが死期
を早めたのではないか、とつい思ってしまう。
それは医療現場が逼迫していたとしても、
どうにもおさえられない感情である。また、
勝武士が糖尿病を患っていたことが、影響
した、という指摘がある。疾患があると死亡
リスクが高まるというのである。

<スポーツ報知の記事>

それにしても糖尿病は勝武士一人ではないと
いう。食事前にインスリンをうつ光景は珍し
くないという。本来健康体であるはずの力士
が、これではいけない。現代は重量級大相撲
の繁栄期である。鍛錬も大事だが、栄養学的
視点から食生活を見直す時期にきているので
は、ないだろうか。体重過多は万病の元で
ある。

新型コロナウイルスで 亡くなられた方は、
まともな葬儀すらできない悲惨さがあった。
遺族は、対面はおろか、火葬場にも行けない
という。新型コロナウイルスの恐ろしさが
ひしひしと伝わってくる。また、大相撲の
通常興行の収入をゼロにするのだから、シビ
アに生活を脅かしている。

<初っ切り 勝武士(右)と大野城>

部屋生活、稽古は常にリスクとの隣り合わせ
である。協会は希望する協会員の抗体検査を
おこなうという。狙いは団体生活での不安を
取り除くことである。新型コロナウイルス
との戦いはまだまだ終わらない。

詐欺にご注意!
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.