大相撲

横綱の連続優勝なし場所数6

曙は横綱不在のとき誕生した横綱である。
外国人初であった。大関小錦のとき、外国人
横綱はいらない、という文が発表されたこと
があった。それをめぐって外国人差別だと
騒動がおきた時代であった。そういうクッ
ションがあったことと、曙が連続優勝した
ことで、横綱昇進はスムーズに行われた。

<曙>

曙は横綱で8回優勝している。23歳と若く
して横綱になったこともあり、横綱在位は
48場所に及んだ。そのため、横綱の連続優勝
なしが長期に及ぶことがあった。最初は1995
年の九月場所から始まった10場所連続優勝
なしがある。だが、これだけで終わらなかっ
た。1997年七月場所から18場所連続優勝なし
を記録している。これが大乃国の連続20場所
優勝なしに次いでワースト2の記録になった。
なお、照國・吉葉山の17場所連続優勝なし が
ワースト3位である。

貴乃花は横綱昇進規定の2場所連続優勝に
泣かされた横綱であった。14勝優勝-13勝-
12勝、14勝優勝-11勝-14勝優勝、14勝優勝
-11勝-15勝優勝で横綱になれなかった。
師匠であり、父でもある二子山(元貴ノ花)
は「りっぱな成績だと思うけどねえ」と嘆い
ていた。

<貴乃花>

貴乃花は横綱49場所中15回優勝している。
貴乃花の横綱連続優勝なし、というと武双山
戦での致命的なケガ以降を思い浮かべるかも
しれない。ケガをおして臨んだ武蔵丸との
優勝決定戦で劇的な優勝を成し遂げた。小泉
首相(当時)が「痛みに耐えてよくがんばっ
た」と表彰状を読んだほどであった。2001年
五月場所のことであった。翌場所から貴乃花
は全休が続いた。以降優勝はなかった。この
時期の横綱の連続優勝なしは10場所であった。

実は、貴乃花にはこれ以上の横綱連続優勝
なしの時期があった。1998年十一月場所から
13場所連続優勝なしを記録している。2年
1場所に渡った。7場所が休場を含め、9勝
以下の場所であった。26歳から28歳のときで
あった。

<若乃花>

3代目若乃花の横綱の寿命は2年であった。
優勝同点はあったものの、横綱としての優勝
はついになかった。横綱連続優勝なしは、
そのまま12場所となった。

武蔵丸は横綱を想像しにくかった。大関在位
が長く、このままいくと思われた。だが、
8勝-13勝優勝-13勝優勝と連続優勝して
横綱に昇進した。2人目の外国人横綱であっ
た。大関在位は32場所に及んだ。これは横綱
になった大関在位として、琴櫻と並ぶ数字で
ある。

<武蔵丸>

武蔵丸は横綱在位27場所中7回優勝している。
晩年は休場が多かった。その時期7場所連続
優勝なしがある。全休が4場所、途中休場が
2場所、場所中の引退が1場所と皆勤がまっ
たくなかった。時代は朝青龍へと移っていっ
た。

(この項目続く)

昼食は、おにぎりが多くなってきています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.