大相撲

豊ノ島の相撲人生1

豊ノ島が引退した。昨年の七月場所幕内から
5場所連続負け越しで、最後は幕下だった。
36歳になっていた。6月末には37歳になる。
ここから十両復帰を目指すのは、限界であっ
た。豊ノ島の決断を尊重したい。本当にお疲
れ様でした。約18年の土俵人生であった。
改めて豊ノ島の相撲人生を振り返ってみたい。

<豊ノ島>

豊ノ島は中学からではあるが、相撲少年で
あった。これは力士を目指す上で財産になる。
入門は高校卒業前で時津風部屋に入門した。
当時の時津風は元大関の豊山であった。新
弟子検査では体格が足りず、運動能力の第二
検査で合格した。検査項目は以下である。

背筋力
ハンドボール投げ
握力
上体おこし
垂直とび
反復横とび
50メートル走
シャトルラン

なお、第二検査は2001年から2012年まで実施
されたが、現在は行われていない。

相撲経験がものをいって2002年序ノ口、序二
段で優勝した。13場所かかって十両を決めた。
2年1場所だからかなり早い出世である。
白鵬は16場所、鶴竜は24場所かかっている。
成績は61勝30敗である。負け越しは三段目で
1回、幕下で2回ある。十両は2場所で突破
した。これも早い。ちなみに白鵬は2場所、
鶴竜は5場所要している。

<豊ノ島>

2006年七月場所まで順調に出世街道を歩んで
きた豊ノ島であったが、ここから低迷した。
幕内に定着できないのである。新入幕の場所、
負け越して十両降格。1場所で幕内に戻って
も4場所しか維持できない。再び十両へ。
ここで豊ノ島は初日から13連勝し、全勝優勝
かと思わせた。だが、14日目新十両の把瑠都
に負け、惜しくも14勝1敗の優勝となった。
その把瑠都が3場所後、北の富士以来の十両
全勝優勝をするのだから、歴史の妙という
しかない。

<把瑠都、隆乃若に勝って十両全勝優勝>

豊ノ島が幕内に定着したのは、2005年十一
月場所からである。と言っても十一月場所は
7勝8敗。2006年は横綱・大関戦がないにも
関らず、42勝48敗であった。負け越している
のである。つまり、なんとか幕内を維持して
いるに過ぎなかったのである。豊ノ島が様変
わりしたのは、2007年からであった。

(この項目続く)

雨の日です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.