大相撲

歴史的瞬間!連勝ストップ5

■大鵬

大鵬の連勝は2度とも34連勝で終わっていた。
大鵬が24歳、26歳のときである。双葉山の
69連勝はるかに遠い数字であった。大鵬を
もってしても連勝は容易なことではなかった。
それどころか、大鵬に一大ピンチが訪れた。
5場所連続休場である。
11勝2敗2休
1勝3敗11休
全休
全休
全休
大鵬27歳から28歳にかけてのことである。

昭和43年九月場所、休場明けの大鵬は初日
相撲巧者栃東と対戦した。大鵬は栃東の左
おっ つけ、一気の出足に残すことができずに
敗れ、 不安のスタートとなった。この敗戦に
大鵬は 気持ちを引き締め、2日目から14連勝
して 優勝した。横綱は佐田の山が引退して、
柏戸 一人になっていた。大鵬は翌場所、翌々、
場所 全勝優勝して連勝を44まで伸ばした。

<大鵬>

迎えた昭和44年三月場所、相撲ファンの最大
の関心事は大鵬の連勝にあった。44連勝で
むかえた初日、曲者藤ノ川を一蹴して45連勝
と記録をのばした。世紀の大誤審はこの直後
に起きた。

2日目、大鵬は新鋭の戸田(後の羽黒岩)と
対戦した。戸田は立ち合いから猛然と大鵬を
押したてた。大鵬後退。後退しながら東土俵
から正面にまわりこんだ。なおも押し立てる
戸田だが、まわり込んだ大鵬を押すとき右足
が土俵の外の砂をはねた。直後に大鵬が正面
土俵を割った。

<大鵬対戸田戦を伝える大相撲
(読売新聞社刊)より>

軍配は大鵬にあがった。控えの高鉄山も戸田
の足が出たと主張。だが、5人の審判=審判
長の元栃錦の春日野、元栃光の千賀ノ浦、
元鶴ヶ嶺の君ヶ浜、元羽島山の松ヶ根、元
羽黒花の玉垣は戸田の勝ちと判定した。世紀
の大誤審の瞬間であった。大鵬の場合は歴史
的瞬間というより世紀の大誤審という事件と
なってしまった。この相撲はYouTubeで見る
ことができる。

また、この判定に対する協会の態度が問題に
なった。「誤審でお客さんが遠のくのでは」
という質問に対し、当時理事長であった元
出羽ノ花の武蔵川は「そうは思わない。ファ
ンの中には大鵬が負けたと喜んでいる人も
いるだろう。相撲は複雑なものだと思って
かえって興味をそそられる人もいるんじゃ
ないか」と発言した。相撲評論家東富士氏は
言う。「それは理事長という役職にある者の
発言ではない。完全に野次馬の言葉だ」と
批判した。

<武蔵川理事長>

大鵬は支度部屋で「あんな相撲を取ったわし
がいけないのだ」という言葉が伝わり、立派
な横綱だと賞賛されている。しかし、宿舎の
久本寺に帰り、ニュースを見ると誤審に対
する怒りと失望がこみあげてきた。大鵬は
今まで節制していたが、それがくずれ、急逝
肺炎でこの場所休場した。大阪府立体育館は
お客さんが遠のき、そのあと客席はガラ空き
となった。

世紀の大誤審は。あってはならないことだっ
た。この最大の汚点は永遠に相撲史残ること
になった。

力士にコロナ初感染者かというニュースが流れました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.