大相撲

白鵬・鶴竜の復活はあるか

一月場所、横綱白鵬・鶴竜は負けがこんで、
早々と休場した。今までの休場とはわけが
違った。いかにも衰えたなあ、という印象を
強くした敗戦であった。白鵬は三月場所中に
35歳になる。鶴竜は8月に35歳になる。年6
場所制での横綱でここまで取るのは珍しい。
千代の富士が36歳直前まで取っただけである。

大鵬は31歳直前、北の湖は31歳で引退して
いる。北の湖は両国新国技館の土俵に上がる
ために無理して相撲を取っていた印象が強い。
新国技館には2日間土俵にあがり、2敗して
引退した。白鵬が35歳、鶴竜が34歳まで現役
でいることはある意味驚異なのである。

<遠藤に完敗した白鵬>

それでは、白鵬・鶴竜の三月場所の復活は
あり得るのか。白鵬は技術的には立ち合いの
張りさしやかちあげがないと戦いの幅は狭ま
る。それでも、先場所の遠藤は白鵬のかち
上げをかわしていい体勢にもち込んでのきり
返しだった。対戦相手もいつまでも同じ手を
くわない。工夫をしてくる。そうなると白鵬
は苦しい戦いになる。

鶴竜はうまさで十分な体勢をつくって勝利
するタイプである。それができず、押し込ま
れ、後退すると危ない。こらえられなくなっ
てきている。特にパワー相撲や速攻相撲が
克服できなくなってきている。鶴竜は現在
3場所連続休場中である。待ったなしの状態
である。

<北勝富士に敗退した鶴竜>

白鵬・鶴竜とも厳しい状況は変わらない。
復活はあり得るとは言いがたい。へたをした
ら無観客のなかで引退に追い込まれる恐れ
さえ考えられる。

無観客開催は優勝パレードなしとのことです。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.