大相撲

平幕優勝の翌場所の成績1

2019年5月29日

190526千秋楽表彰 188
<五月場所平幕のべ26人目の優勝朝乃山>

令和最初の場所は朝乃山の平幕優勝で終わっ

た。早くも朝乃山の翌場所の成績を気にする
声がある。朝乃山は七月場所で初めて横綱・
大関とフルに対戦する。五月場所で出場した
横綱・大関とフル対戦して関脇以下で勝ち
越した力士は御嶽海、玉鷲、阿炎、竜電の
4人しかいない。片手で数えるほどである。
栃ノ心は豪栄道戦がない。それでは平幕優勝
力士の翌場所はどういう傾向があるのか。
それによって朝乃山の翌場所を予想すること
につながるので調べてみた。
平幕優勝の翌場所1A
協会が優勝制度を導入したのは、大正15年
からである。その2場所目に早くも平幕優勝
が誕生している。大蛇山である。当時は幕内
の横綱・大関の対戦圏外力士が好成績の場合、
上位と対戦する規定はなかった。翌場所大蛇
山は6勝5敗と勝ち越した。東西制のため、
同じ方屋は戦わなかったので、強敵は単純
計算で半分になるという面も幸いしている。
大 蛇 山
<大蛇山のブロマイド>

表を見る限り幕内上位の平幕はともかく、
そうでない平幕は横綱・大関戦がまるでない
優勝が目立つ。優勝制度にともなって、不戦
勝不戦敗制度、取り直し制度を設けた。だが、
出場した横綱・大関全員と対戦した力士に
優勝資格がある、という規定まではいかなか
った。一方は平幕中位下位で星をかせぎ、
もう一方は上位で星をつぶしあうという不合
理をかかえた、ある意味ゆがんだ優勝制度が
まかり通っていたわけである。

3人目の平幕優勝綾櫻は春秋園事件で、協会
を脱退している。そのため翌場所の成績が
ない。綾櫻を除く10人のうち勝ち越しは3人、
五分が1人、負け越しが6人である。勝ち
越し率はたった3割である。それも不合理な
なかの優勝では当然かもしれない。

また、こんな見方もされていた。優勝する
ときに星を借り、翌場所返すので成績が悪く
なるのでは。そういう見方があった時代だっ
た。もちろん真相は不明である。

優勝した場所上位総崩れのたなからぼたもち
優勝に発奮したのか、翌場所の最高成績は
佐田の山の11勝4敗である。当時平幕優勝
力士は大関になれないというジンクスがあっ
た。佐田の山は大関どころか横綱にまでのぼ
りつめてしまった。
佐田  の山
<入幕3場所目の優勝佐田の山>

大敗したのは富士錦の4勝11敗、若浪の2勝
13敗である。若浪の記録は後にタイ記録が
出るが、今も平幕優勝の翌場所の最低記録と
して残っている。

昭和46年七月場所からようやく幕内中位以下
でも、好成績者は横綱・大関と対戦させる
という規定ができた。ところが…

(この項目続く)

星取表を購入。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.