大相撲

稀勢の里10番勝負7

2019年3月3日

平成29年一月場所で初優勝した稀勢の里は、
場所後横綱に推挙された。久々の日本人横綱
の誕生であった。その人気は凄まじかった。
明治神宮の横綱土俵入り初披露では朝早から
人が並び、拝殿前に入りきれず人数を制限
するほどであった。入れた方も3列目以降は
見えなかったと思う。

新横綱は何かと行事が多い。部屋の地元の
小学校に招かれたり、牛久で優勝パレードが
行われたりする。後援会がらみの非公式行事
も加わる。しかし、稀勢の里は相撲をくずす
ことはなかった。

新横綱として挑んだ三月場所、稀勢の里は
初日から連戦連勝。横綱白鵬は途中休場。
横綱鶴竜・日馬富士は前半で2敗していた。
ただ、大関照ノ富士が1敗で追走していた。
稀勢の里は初日から12連勝で13日目に日馬
富士と対戦した。

13日目は魔の日になった。日馬富士は速攻で
一気に勝負を決めた。その際西土俵下に転落
した稀勢の里が苦痛に顔をゆがめていた。
その後救急車で病院にむかうほどのケガで
あった。左前肩と胸部の負傷であった。

14日目、負傷の稀勢の里は鶴竜との一番で
あった。相撲は力なく、あっさり敗れている。
誰しも相撲どころではないという思いであっ
た。優勝は1敗照ノ富士、2敗稀勢の里と
なった。千秋楽は直接対決である。だが、
稀勢の里はまともに戦えまい。勝負になら
ないと思わずにはいられなかった。

■負傷稀勢の里照ノ富士に奇跡の勝利
平成29年三月場所千秋楽 稀勢の里30歳
170326千秋楽幕内・表彰 436170326千秋楽幕内・表彰 437170326千秋楽幕内・表彰 438
170326千秋楽幕内・表彰 439170326千秋楽幕内・表彰 440170326千秋楽幕内・表彰 443
170326千秋楽幕内・表彰 444170326千秋楽幕内・表彰 445170326千秋楽幕内・表彰 446
170326千秋楽幕内・表彰 449170326千秋楽幕内・表彰 451170326千秋楽幕内・表彰 453

170326千秋楽幕内・表彰 454170326千秋楽幕内・表彰 455
          170326千秋楽幕内・表彰 456
          170326千秋楽幕内・表彰 457
相撲はまさかの展開で稀勢の里の勝利となっ

た。相撲内容より勝ったことが大きかった。
これで優勝決定戦になった。だが、負傷稀勢
の里の不利は変わることはなかった。

■奇跡再び!負傷稀勢の里照ノ富士に連勝
平成29年三月場所千秋楽 稀勢の里30歳
170326千秋楽幕内・表彰 548170326千秋楽幕内・表彰 549170326千秋楽幕内・表彰 550
170326千秋楽幕内・表彰 551170326千秋楽幕内・表彰 552170326千秋楽幕内・表彰 553
170326千秋楽幕内・表彰 554170326千秋楽幕内・表彰 555170326千秋楽幕内・表彰 556
170326千秋楽幕内・表彰 557170326千秋楽幕内・表彰 558
            170326千秋楽幕内・表彰 559
大ケガの稀勢の里が奇跡の2連勝で新横綱
優勝を達成した。観客は唖然とすると同時に
歓喜の拍手が会場にあふれた。しかし、これ
が稀勢の里最後の優勝になってしまった。

(この項目終わり)

銀行のカードが劣化しました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.