大相撲

平成30年 幕下以下の年齢構成

2018年10月19日

幕下以下の力士の年齢を1年ぶりに調査して
みた。調査は以下に基づいておこなった。
1.年齢は平成30年12月31日までに迎えた
誕生日とする。
2.九月場所限りで引退した力士は除外した。
3.九月場所新弟子検査に合格した力士は
対象とした。
4.九月場所後の番付編成会議で十両昇進が
確定した豊ノ島ら3力士は除外した。
5.反対に幕下降格が予想される十両3力士
は対象とした。
6.番付外の力士は対象とした。
180916八日目幕下 010
<九月場所 新序出世披露>

総人数は607人になった。まず10代力士をみて
いこう。

15歳 6人
16歳 28人
17歳 28人
18歳 33人
19歳 46人

合計141人である。全体の16%にあたる。一番
多いのが佐渡ヶ嶽(元琴ノ若)部屋の11人で
ある。もっとも佐渡ヶ嶽部屋は幕下以下が
41人いる。次が西岩(元若の里)部屋の6人
である。西岩部屋は7人の弟子だから歴史も
力士も若い部屋だといえる。そういう意味
では5人いる鳴戸(元琴欧洲)も同様である。

この中に九月場所番付で10代幕下力士が3人
いる。八角(元北勝海)部屋の佐藤山、
立浪(元旭豊)部屋の豊昇龍、大嶽(元大竜)
部屋の納谷である。最年少は出羽海(元小城
ノ花)部屋の小城虎である。

25歳までをみていこう。

20歳 63人
21歳 33人
22歳 34人
23歳 33人
24歳 41人
25歳 41人

合計245人である。全体の40%である。この
あたりは伸び盛りで、体をつくり、力をつけ
ていく時期である。ここでも佐渡ヶ嶽部屋が
24人と最多である。次が八角部屋の14人で
ある。武蔵川(元武蔵丸)部屋が総勢18人の
うちなんと13人を占めている。
琴ノ若引退相撲 303
<佐渡ヶ嶽(元琴ノ若)>

29歳までの人数をみていこう。

26歳 38人
27歳 25人
28歳 19人
29歳 26人

合計208人である。全体の18%である。この辺
は幕下にいないとかなり大変そうである。
昭和32年に初土俵から25場所たっても幕下に
上がれない者は整理対象となる、という規定
ができた。翌年30場所に改訂された。現在
この規定はないが、復活してもいいのかも
しれない。

30歳代をみていこう。

30歳 18人
31歳 18人
32歳 18人
33歳 10人
34歳 14人
35歳 7人
36歳 3人
37歳 8人
38歳 2人
39歳 4人

合計102人である。全体の17%である。一般論
になるが、30歳を超えると成長の伸びがあや
しくなってくる。このあたりは幕下20枚目
以内にいないと十両昇進は難しい。第2の
人生を始めるためは、キャリアが求められる
のが転職事情である。心配になってくる。

40歳以上11人
昨年は40歳以上が10人もいることに驚いたが、
今年は11人に増えている。相撲部屋は居心地
がいいのだろうか。
180921十三日目幕下以下 232
<大露羅(右)最後の一番>

九月場所限りで大露羅が引退した。入門時の
師匠北の湖が65歳になるときまで取ろうと
決意していたという。最後は序二段12枚目
まで番付を下げていた。九月場所、土俵に
上がるのもままならない姿を見てきた。最後
の一番、勝利で飾ったのが最後の見せ場だっ
た。年齢は35歳になっていた。去り際の判断
をどこでするか。考えさせられる。

寒さが迫ってきています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.