大相撲

九月場所展望

2018年9月7日

明後日から九月場所が始まる。猛暑の七月
場所からみるといくぶん過ごしやすい季節に
なってきた。それだけに、力士は思う存分
力を発揮しやすい環境になってきたといえる。

九月場所の展望というと通常優勝争いから
入っていくのだろうが、場所最大の見所は
別にある。それは8場所連続休場の稀勢の里
である。進退をかける場所だけにいっそう
注目が集まる。今までで一番いい状態とは
いえ、どうしても不安が期待を上回ってしま
う。序盤、どんな相撲を取るか、とともに
星数が気になる。2敗すると苦しい。前半
3敗だと危うい。どんな展開になり、どんな
結末を迎えるか。九月場所最大の焦点になる。
180109明治神宮土俵入り 165
<稀勢の里>

優勝争いだが、現代は絶対的強者がいない。
横綱が途中休場するという読みきれない展開
が七月場所だった。へたをすれば繰り返す
恐れがある。白鵬は今年に入って1回も優勝
していないだけに、ここらあたりでという
思いはあるのだろうが、年齢は33歳である。
ただ、幸か不幸か白鵬を脅かす存在はいない。
栃ノ心がどれだけ回復しているか。栃ノ心が
優勝争いに加われば場所は面白くなる。
180711四日目幕内 842
<横綱休場>

七月場所、3横綱は不在だったにも関らず、
豪栄道・高安の両大関は優勝争いすらでき
なかった。これでは名ばかり大関、耐えられ
ない存在の軽さといわれてもしょうがない。
それでも大関としての厚遇を受けているのだ
からどうしようもない。

御嶽海の大関昇進はなるか。最近は大関に
挑んで失敗というケースはない。琴奨菊が
3場所32勝で翌場所にもちこしたことはあっ
たが、決めている。豪栄道は大関をかける
場所ではなかったが、急遽場所後に昇進した。
古くは麒麟児(後の大麒麟)が2度失敗して
3度目に大関に昇進した。御嶽海にとって
失敗は9勝以下の場合である。10勝なら十一
月場所につなげられる。だが、先場所優勝の
実績を生かし、ここは一気に決めたいところ
である。
180503幕内稽古 434
<御嶽海>

先場所高安を倒して躍進した豊山が上位に
戻ってきた。最初の上位戦、星はあがらなか
ったが、内容は健闘した。稀勢の里戦は初め
てになる。前回敗れた鶴竜、白鵬、豪栄道、
栃ノ心、御嶽海からどれだけ白星を奪えるか。
変身豊山も見所の一つである。
180721十四日目幕内 1263
<七月場所 高安を撃破した豊山(左)>

九月場所のチケットは発売初日に売り切れた。
それに応える熱戦が繰り広げられることを
ぜひ期待したい。

航空券を購入しました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-, ,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.