大相撲

平成30年七月場所総評

2018年7月25日

★七月場所の相撲人気について
七月場所は珍しく、発売日即日完売になら
なかった。土日祝日13日目は完売だが、平日
は、けっこう最後まで残った。もっとも発売
日即完売は、ダフ行為が要因の面はある。
高値のチケットは購入しないようにしない
限り、ダフ行為はなくならない。

★今場所千秋楽休場の千代翔馬を含め関取
8人が休場した
相変わらず休場者は多い。特に今回は3横綱
と新大関含みだからダメージは大き過ぎた。
相撲熱が冷めるほどの規模だった。関取休場
者が多いのだから、打開策を打ち出さないと、
毎場所繰り返される。
180721十四日目幕内 495
<多すぎた休場者>

★稀勢の里の8場所連続休場について
稀勢の里に万全はあるのだろうか。毎場所、
稽古で下位に苦戦する傾向からいっこうに
脱却できないでいる。稀勢の里はいくら時間
をかけても解決に向かっていない気がして
ならない。
7月星取りA
★優勝争いについて
3横綱・新大関が休場するなか、関脇御嶽海
が、よく奮闘し優勝した。これまで関脇以下
最強であったが、乱戦・混戦を防ぐとともに
一気に開花した。本当の意味で優勝争いらし
い優勝争いにならなかったが、場所の限界
だった。来場所は大関昇進チャレンジ場所に
なるが、一気に決めてほしい。
180722千秋楽表彰 1138
<御嶽海の優勝パレード 旗手栃煌山>

★大関について
豪栄道10勝、高安9勝。横綱不在のチャンス
でも優勝争いがまったくできずに終了した。
両大関の限界を露呈した場所になってしまっ
た。上位で勝ち越す力が大関ではない。9勝
を何場所繰り返しても大関には昇進できない
のである。大関に求められるのは、大関に
昇進できない成績をあげることではない。

★上位勝ち越し力士について
両大関、優勝者御嶽海と対戦して勝ち越した
関脇以下の力士は、御嶽海、玉鷲、勢、貴景
勝、魁聖と5人出た。横綱・大関が手薄だっ
たことが原因である。なお、逸ノ城対御嶽海
の関脇同士の一番はついに実現しなかった。
その上で逸ノ城は勝ち越した。

★三賞について
殊勲賞は御嶽海である。殊勲賞を関脇以下の
優勝者とするのは、場所を盛り上げたという
解釈からくる。高見山が優勝したときこの
基準が導入された。だが、必ずしも関脇以下
の優勝者誰もが殊勲賞を受賞しているわけ
ではない。敢闘賞豊山は高安、御嶽海に勝っ
たことが大きい。朝乃山は上位戦貴景勝一人
だった。両大関を倒した貴景勝は評価され
なかったということになる。技能賞御嶽海は
妥当なところである。
180722千秋楽幕内 883
<千秋楽 御嶽海と豊山の死闘>

★その他気がついた点
13連敗した嘉風への声援は凄まじかった。
なかなか勝てず観客をやきもきさせたし、
わかせた。勝ったとき観客は喜びを爆発させ
た。平成21年五月場所、豊真将が初日から
14連敗した。千秋楽の相手が嘉風で、豊真将
が勝ったときの館内はわいたという経緯が
あった。嘉風はまさか豊真将に近い立場に
なるとは思っていなかっただろう。
180721十四日目幕内 555
<14日目 嘉風、明生から1勝>

★最後に場所の採点を
62点。

名古屋在中の大相撲の録画を見ています。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.