大相撲

続阿炎あの日あの時

2018年6月15日

五月場所の健闘や自由奔放さが功を奏した
のか、阿炎が日刊スポーツの企画、総選挙で
なんと2位を獲得した。これは予想をはるか
に超える結果であった。阿炎が広く知れ渡り、
ファンが急増している表れである。そこで、
急遽「阿炎あの日あの時」の続編を掲載する
ことにした。最初の幕下以下時代では本名の
堀切を四股名にしていた。新十両から阿炎に
改名した。
130929千秋楽十両 525序二段優勝決定戦 碧己真戦
<H25年9月序二段 優勝決定戦で碧己真に勝って優勝>
130929千秋楽十両 654序二段優勝
<堀切序二段優勝の表彰>
140126千秋楽十両幕下 1164
<H26年1月三段目 花道をいく堀切の表情>
141120十二日目幕下以下 520錦木戦
<H26年11月幕下 錦木戦、土俵際
で辛勝>
150121十一日目幕下以下 7480琴恵光戦
<H27年1月幕下 琴恵光を倒す>

平成27年三月場所、阿炎は序ノ口から10場所
を経て新十両に昇進した。その2場所目で
8勝7敗と勝ち越した。
150517八日目十両 098
<H27年5月 十両2場所目の阿炎> 
150517八日目十両 111阿武咲戦
<H27年5月 阿武咲を撃破>

阿炎は、結局十両は4場所しかもたず、幕下
に降格した。ここからが長い低迷に入った。
170324十三日目十両幕下以下 345出和疾風戦170324十三日目十両幕下以下 349
<H29年3月 出羽疾風を倒して幕下優勝を決める> <優勝を決めた直後の阿炎>

阿炎は幕下に落ちて再十両まで10場所かかっ
てしまった。再十両では2場所目に優勝し、
3場所で入幕を決めた。
170709初日幕下 335再十両
<H29年7月 再十両の阿炎> 
170924千秋楽十両幕下以下 1109
<H29年9月 十両優勝で表彰>

阿炎は入幕してまだ3場所だが、きびきび
した取口でますます人気が高まりそうである。
最後に今年(平成30年)2月に国技館に姿を
みせた秘蔵写真を紹介する。
180212白鵬杯 035

古い写真を整理中。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.