大相撲

■春9日目 相撲界の懲りない面々

2018年3月19日

鶴竜は正代相手に押し込まれ、ゆさぶられ
今場所最も危ない相撲であった。最後は
正代が勢い余って、土俵を飛び出した一番
だった。

鶴竜の明日の相手は千代丸である。それ
以降は逸ノ城、栃ノ心、御嶽海、豪栄道、
高安となると、魁聖との対戦はなくなること
になるが。

今日一番注目したのは貴公俊の休場理由
である。「貴公俊、本日より休場」と理由に
は触れない事務的なアナウンスであった。

貴公俊は付け人が控えに入る連絡が遅れ
たという理由で暴行を働いた。日馬富士
暴行事件の戒めはまったく生きていない。
学習する能力がなかったとは思えない。

相撲界の暴行の原理は2つある。
兄弟子から弟弟子に
師匠から弟子に
立場が上の者が怒りにまかせて行う。
殴られた弟弟子はさらに弟弟子に同じこと
を繰り返す。こうして暴行と相撲界の懲り
ない面々は脈々と引き継がれていくこと
になる。

大砂嵐は無免許運転と虚偽報告で引退
勧告を通知され、受け入れた。貴公俊には
どんな処分がくだるのだろうか。タイミング
が悪すぎるのは確かである。

雨の大阪になりました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.