大相撲

貴乃花VS協会新たな闘争勃発3

2018年2月13日

昨年の十一月場所中、貴乃花と協会首脳の間
で決定的な溝ができることになった。それは
貴乃花が役員室に呼ばれたときのことである。
「内々で済む話だろう」と被害届を取り下げ
るよう言われたことである。役員室にいたの
は、八角(元北勝海)理事長と尾車(元琴
風)・鏡山(元多賀竜)・春日野(元栃乃
和歌)の各理事だという。これが事実なら
大変な事態である。協会の体質に疑念がもた
れる話である。当然ながら協会は発表した
ことが事実と反発している。
171126千秋楽十両幕下以下 640
<八角理事長>

鏡山が何度も貴乃花部屋を訪れ、文書を新聞
郵便受けに入れていった光景は、テレビで
流された。協会の貴ノ岩の調書の要請に応じ
るよう促したと言う。八角理事長が電話して
も電話に出ないので鏡山が貴乃花部屋を訪問
せざるを得ないからだという。しかし、貴乃
花は貴ノ岩の事情聴取に対して文書で回答
しているという。理事長の電話に対して、
電話で話せることではない、と反論している。

貴乃花は文書で回答というが、何度も訪れる
ということは相手に伝わっていない、と想像
される。伝わっていないのなら、善処する
必要はある。電話で話せることではないと
いうのなら、そう伝えるべきである。話さず
に伝わることはない。どうも貴乃花は相手に
伝わるように対応することが、苦手な節が
ある。
170609富岡八幡宮 155-2
<貴乃花親方>

貴乃花の理事降格は理事会で議論したわけで
はなく、結論ありきだった。この結論に異議
はないかというカタチで決められた。しかも
発言しにくい雰囲気だったという。この辺は
どうも開かれた民主的な組織からは程遠いと
思わざるを得ない。

さらに評議員会がこの決定を認定したとき、
報告義務の怠り、協会の聴取に非協力的
以外に、八角理事長の電話に出ない、という
礼を欠いたという話を発表した。しかし、礼
を欠いたといのは、評議員会で出た話では
なく、池坊議長が付け加えたといのだから、
きわめておかしなことである。

また、貴乃花がこの処分を「わかりました」
という談話を発表した。だが、貴乃花は承諾
していないとテレビ局に話している。本気で
そう思うのなら覆す対処をすべきだが、どうも
そこに話を向けるとトーンダウンしている。

ただ、ここまでこじれると、協会首脳と貴乃
花の新たな闘争の始まりであり、すぐには
終わることはない雰囲気である。

オリンピックを結構見ています。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑    

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.