大相撲

不信・確執・軋轢渦巻く相撲界

2017年12月1日

3時間半にも及んだ異例の理事会の様子が
伝わってきている。それによると、どうも
貴乃花親方の「警察の捜査が終わったら協力
する」は、スムーズに決まったモノではなさ
そうである。
170106奉納土俵入り 073
<一代年寄貴乃花>

あくまで貴乃花親方は「協力できない」と
主張した。それによって、鳥取県警に「こち
らで貴ノ岩の聴取することでどのような支障
が生じるのでしょうか」と電話で確認した者
がいた。鳥取県警は「聴取してもさしさわり
ありません。そちらの判断で決めてくれば
けっこうです」との返事であった。それを
受けて貴乃花親方は「こちらの判断でと言う
のなら協力できません」とあらためて主張
した。
171126千秋楽十両幕下以下 640
<八角(元北勝海)理事長>

しかし、「それでは理事としての責務はどう
なる」と言われるに及んで、ようやく「警察
の捜査が終わったら協力する」にいたった
わけである。それにしてもここまでややこし
くしなければならないことに異常さを感じず
にはいられない。

これでは、自浄能力を発揮してスピード感を
もって真相究明したい八角(元北勝海)理事
長派と貴乃花親方の軋轢は深まるばかりで
ある。それだけではない。伊勢ヶ濱(元旭
富士)親方が何度も謝罪し、直接部屋に訪れ
たのに、貴乃花親方が無視し続ければ、面白
いわけがない。
150527照ノ富士大関 003
<伊勢ヶ濱(元旭富士)>

ここへきて浮上したのが白鵬と貴乃花親方の
確執である。白鵬が乗っていないのに、貴乃
花親方が巡業バスを出発させてしまったこと
があったというのである。これがきっかけか
どうかは定かでないが、28日におこなわれた
理事長講和で白鵬らしき人物から「貴乃花
親方が冬巡業に帯同するのなら参加したく
ありません」と発言したのである。
171126千秋楽幕内・表彰 549
<40回目の優勝を達成した白鵬>

もっとも親方連中からも「貴乃花に安心して
弟子を預けられない」、「弟子に何かあって
も報告されない」という声はあがっていた。

こうしてみると今の相撲界は、不信・確執・
軋轢が渦巻きすぎている。

星取表を購入しました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.