大相撲

一人大関の時代

2017年6月10日

今年(H29年)の一月場所、大関は4人いた。
稀勢の里が横綱に昇進し、琴奨菊が関脇に
落ちて、三月場所・五月場所は大関が2人に
減った。そこへ五月場所後に高安の大関が
確定し、七月場所は3大関となる。3大関の
中から将来2人が早い時期に横綱に昇進すれ
ば、一人大関もあり得ることになる。一人
横綱はよく知られているが、一人大関となる
と意外と認識されていない。一人大関はどの
くらいあったのか、看板大関がいた江戸時代
を別にして、明治以降を調べてみた。
一人大関A
明治29年3月、小錦に吉田司家から横綱が
免許された。この時代、横綱は番付上に存在
したが、大関より上の地位という認識には
いたっていなかった。大碇が大関から関脇に
降格したため、大戸平が見かけ上大関一人に
なった。

なお大関は東西に2人いなくてはならない、
ということで横綱に大関を兼任するカタチで、
番付では横綱大関と書かれた。兼任といって
も実際は特別なことをするわけではなく、
マネーも2人分受け取れるわけではない。
あくまでも、番付の見かけ上である。大関が
一人、あるいは不在のとき、横綱のところに
横綱大関と書かれることは、昭和になっても
続いた。
横綱大関
<横綱大関の文字がある番付>

明治37年夏、常陸山、梅ヶ谷が同日横綱に
昇進して、大関不在が3場所続いた。常陸山、
梅ヶ谷から実質上横綱の地位化が始まった。
先人の横綱大砲が張出にまわされている。
横綱を地位として明文化されたのは、明治
42年2月のことである。
琴ヶ浜
<琴ヶ濱のブロマイド>

表を読み解くと、一人大関の時代は21場所、
大関不在は4場所あることがわかる。戦後
琴ヶ濱が3場所連続一人大関を経験している。
貴ノ花は2期に渡って一人大関がある。千代
の富士は一人大関を経験するも、自ら横綱に
なった結果、大関不在をつくっている。

貴ノ花花
<大関在位50場所の貴ノ花>

結局、一人大関が一人横綱ほどインパクトを
もたないのは、いずれも短期間で解消されて
いるからである。大関が一人のときは、次の
大関昇進は甘い成績で上がる傾向があるから
解消が早いとも言える。なお、平成になって
から、一人大関の時代はまだない。

冷蔵庫の調子がいまいちです。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑       

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.