大相撲

■夏8日目 平成29年五月場所のゆくえ

2017年5月21日

稀勢の里は碧山相手に攻めた。といっても
けして攻め急がなかった。攻め急いで土俵際
の突き落としを用心したのか、慎重な上にも
慎重な攻めで土俵をまわる碧山を追い立てた。
慎重だが、止まることなく最後は寄り切った。
防御にまわることはなかった。この点は大き
い。
170521八日目幕内 740
<碧山を慎重に寄り切った稀勢の里>

中日を終え、上位で全勝は日馬富士、白鵬。
1敗は高安である。優勝ラインが13勝なら
2敗の稀勢の里、照ノ富士にもチャンスは
あるが、ここまでの相撲内容と残り全勝の
条件はかなりハードルが高い。やはり日馬
富士、白鵬、高安にしぼっていいのではない
だろうか。

相撲内容が一番いいのは日馬富士である。
立ち合いの鋭さ、積極的な攻め。苦手として
いた嘉風相手に最後まで離れて勝負をつけた
のは、驚きだった。動きの速い嘉風はつかま
えて動きを封じるのがセオリーである。あえ
てそうしなかったのは、好調の表れとみた。
170521八日目幕内 635
<千代翔馬を一気に攻めた日馬富士>

白鵬は徐々に調子を上げてきた。相手をあし
らうような相撲はなくなってきた。下半身も
安定しつつある。優勝から5場所遠ざかって
いるだけに、「奪還」は使命であるはずだ。
使命感に燃える白鵬は強い。
170521八日目幕内 597
<琴奨菊に圧勝した白鵬>

高安はパワーアップと強さを増している。
なにより勝てるという自信をもっている。
安定感も出てきた。強さは照ノ富士、豪栄道
よりはるかに上である。高安にないものは、
千秋楽まで優勝を争ったことがないことくら
いである。それも今の勢いの前にかすんで
いる。

これから優勝争いに影響する対戦相手は以下
である。
日馬富士…白鵬、高安、玉鷲
白鵬…日馬富士、高安、玉鷲
高安…日馬富士、白鵬
170521八日目幕内 478
<嘉風を退けた高安>

稀勢の里がはいっていないが、万全の稀勢の
里なら申し分ない。しかし、現状ではやはり
ハンディがある。3力士の直接対決が優勝を
大きく左右する。差はないが、日馬富士、
白鵬、高安の順とみたが、いかがであろう
か。

横綱デザインの稀勢の里弁当を食べました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑       

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.