大相撲

■福岡11日目 パワー、うまさをねじ伏せる

2016年11月28日

ある鶴竜ファンの動きは俊敏である。初日
観戦しているが、鶴竜が優勝するようなら
再び福岡入りするというのである。特に11日
目組まれた全勝鶴竜対2敗稀勢の里戦に勝つ
ことがあれば濃厚だというのである。納めの
十一月場所で1年ぶりの優勝を祈願している
というメールがきた。
161123十一日目幕内 757
<稀勢の里のパワーが鶴竜を圧倒>
 
優勝か優勝戦線生き残りか。鶴竜対稀勢の里
のサバイバル戦が、11日目のメインエベント
である。うまさから有利に組み進めたい鶴竜
に稀勢の里のパワーが炸裂。鶴竜を圧倒して
最後は力でねじ伏せてしまった。稀勢の里の
相撲は横綱にひけをとらないすばらしいもの
である。

こうなると惜しいのは、下位遠藤、正代に
負けた2敗である。今となってはどうにも
ならないが、まことにもったいない。稀勢の
里は、地力はあるが、すべてがうまく回転
しない運命にあるのだろうか。稀勢の里の
サバイバル戦は続く。
161123十一日目幕内 762
<全勝の鶴竜に土をつけた稀勢の里>
 
【福岡情報】
国技館の木戸番では、お客さんに座席の案内
もすることで定評の親方を意外なところで目
にした。というよりも見かけた方がその親方
とはすぐには気がつかなかった。福岡国際
センター周辺に飲食店は少ない。少し歩いた
ところに牛丼屋がある。そこへ杖をついた方
が持ち帰りの品を注文したのである。その
とき近くでみて初めて某親方と気がついたの
だが、お年を召されたなあと思った。店を
出る後ろ姿が、なぜか寂しげだった。

福岡国際センターでは一枚刷りの大相撲
カレンダーが先着200名に配布された、

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑       

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.