大相撲

■福岡6日目 波乱が低レベルに繋がることを懸念

2016年11月18日

豪栄道は以前の豪栄道ではない。強さを増し
ている。玉鷲は以前の玉鷲ではない。すごみ
を身につけてきた。そんな両者が6日目に
激突した。立ち合い両者が頭と頭で激しく
ぶつかりあう。玉鷲果敢に突きたて、豪栄道
は今場所初めて後退する。土俵際かろうじて
まわり込んで残す。玉鷲も東土俵、勢い余っ
て飛び出しそうになるのを踏み留まる。

一瞬見合って、豪栄道が反撃に出る。前に
出て玉鷲のふところに入るが、土俵際玉鷲の
強烈な突き落としが決まり、1敗をきっした。
立ち合いから先制したのが効いて、豪栄道に
ゆさぶりをかけたことが功を奏した。頭から
つっこんだ豪栄道の額は出血していた。まさ
に痛恨の1敗となった。

序盤戦を5連勝でのりきった白鵬が、まさか
の電車道で遠藤に敗れた。いいところは1つ
もなかった。こんな軽いあっさり負けは、
下手をしたら今後に響きそうである。白鵬は
やはり万全ではない。白鵬の5連勝のうち
多くが、軽くあしらった印象であった。いわ
ば白鵬らしい相撲は魁聖戦くらいだった。
徐々に調子を上げていく段階までいっていな
かったことを証明した。それにしても、今後
尾を引かないか気になる。

1000勝で賑わった大相撲の話題は、下火に
向かうのか。横綱・大関42戦の成績は、33勝
9敗である。波乱で優勝争いが面白くなった
という見方がある。しかし、もう一波乱ある
とそれは、優勝の低レベルに繋がる恐れが
ある。土俵を引き締める役目が、横綱・横綱
候補にあるはずだ。明日からの奮起を期待
する。

野菜は鍋料理で食べるのが一番おいしい。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.