大相撲

白鵬の63連勝4 磐石からスキなしへ白鵬が無敵相撲

2016年3月18日

東京場所は年3回あるだけに、朝青龍不在の影響が出た
ようである。初日は空席が目立ったし、平日、特に前半は
ガラガラだった。友人の中には、朝青龍がいないなら、
もう本場所へいくことはない、と宣言していたほどである。

白鵬は初日から4日目まで、相手に相撲を取らせず、
圧倒し続けている。栃煌山、豊ノ島、雅山、豊真将と
ことごとく退けている。それはこれまで磐石の中にも
相手が、多少なりとも相撲取れた取り口に対し、まったく
つけ入るスキがない相撲であった。
4豊真将戦
<白鵬対豊真将>
 
この調子だと全勝でいく予感がした。もし負けることが
あるとしたら、白鵬のなかに心にゆるみがでたときか、
体調を急に悪くするとか自滅しか考えられない。白鵬の
相撲は無敵の域に入いりつつある。

11日目、把瑠都が日馬富士に屈し、3敗となった。ここ
まで全勝で無敵相撲を取り続ける白鵬の優勝が、事実上
決まった。そして今後もこうした展開が予想される。
三月場所千秋楽結びの一番まで優勝が決まらなかったのは、
むしろ例外中の例外だった。白鵬が休場でもしないかぎり
こうした場所が当たり前になる。

優勝争いは白鵬が追いかける展開になってはじめて互角の
争いになるが、望むべくもない。4大関はそもそも大関の
力がないのだから、期待するほうがどうかしている。
朝青龍がいない大相撲は、しらけ場所があたり前という
歴史をもたらした。

大阪で大相撲観戦中!その間白鵬の63連勝に
まつわる読物をご覧ください。 

マーク2カ所をクリックして応援してください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.