大相撲

豊真将引退大相撲

2016年1月31日

1月30日、豊真将引退立田川襲名披露大相撲が行われた。
天気予報は雪だったが、両国は雨、それも始まる頃は小雨
で午後にはあがった。
160130豊真将引退相撲 054
<お客さんを迎える豊真将>
 
相撲塾でのPR、チケット購入者にクリアファイル、チケット
によっては手形がつくなどのサービスもあって、かなりの
お客さんで客席は埋め尽くされた。豊真将(ここでは現役
名で表記)の母校である埼玉栄高校と思われる生徒が
かなり2階の席に座られた。

異色のプログラムは埼玉栄高校相撲部対幕下三段目の対
抗戦が5番行われた。また豊真将が小さな小さな息子さん
2人と稽古を見せた。

断髪式は300人弱がはさみをいれた。今回 正面から東、
向正面、西と向きを変えるという異色の断髪式になった。
元井筒部屋の安芸ノ州もはさみをいれた。
160130豊真将引退相撲 438
<向きを変えての断髪式>
 
豊真将が再び正面に向きをもどしてから、親族がはさみ
をいれた。協会関係者は豊響、部屋の関取青狼、力士会
会長白鵬、一門の横綱鶴竜、貴乃花親方、元霧島の陸奥
親方、元逆鉾の井筒親方がはさみをいれた。最後に師匠
の元寺尾の錣山が止めばさみをいれた。
160130豊真将引退相撲 777
<師匠が止めばさみ>
 
夫人、母親から豊真将に花束が贈呈された。最後に豊真
将がご挨拶をした。大至が甚句でお祝いした。整髪後豊
真将は再びご挨拶してすべてのプログラムが終了した。
160130豊真将引退相撲 847
<花束贈呈>
160130豊真将引退相撲 1232
 <整髪後の豊真将>

場所後、新たなテーマで書いていきます。
マーク2カ所をクリックして応援してください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑    

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.