大相撲

昭和・平成の10大ニュース9 八百長発覚と大量処分

2015年11月17日

これまで八百長の疑惑はあったが、証拠がなかった。相
撲協会もあくまでないと言ってきた。しかし、初めて物
的証拠が出てきた。それは野球賭博事件で調べていた力
士の携帯メールの削除した内容を復元することでうかび
あがった。平成23年2月2日毎日新聞がスクープした。
八百長に関与したと思われる力士、なりたての親方が引
退勧告、解雇などで二十数名が処分された。

伝統を大事にする大相撲は皮肉にも八百長も脈々と伝え
てきた。過去にいっさいなかったという放駒理事長(当
時)の発言を信じる相撲ファンはいない。(相撲ジャー
ナリストの中澤氏によると言わされたということだが)
八百長を認めた春日錦、千代白鵬、恵那司が新しく始め
たシステムとはとうてい考えられなかった。
八百長A
<中日スポーツに掲載された記事>
 
注射、工作相撲、大関互助会、星の貸し借り、中盆、片
八百長、真逆のガチンコなど多くの言葉と暴露記事で、
協会は否定しようとも、八百長の存在は浮き彫りにされ
てきていた。八百長の発覚は大相撲の存続をあやうくす
る大問題だった。処罰の対象に幕内上位、親方は手付か
ずだった。調査は限界があるせいか、誰もが納得する解
決にはほど遠かった。そのため一部の力士だけが協会を
去る「カタチ」になり、すっきりしない印象だけが残っ
た。

八百長はもっと早くから手をつけるべき問題だった。歴
代理事長は手をつける気配さえなかった。元若乃花の二
子山理事長が非公開で力士全員、親方に訓戒したが、効
果はまるでなかった。

力士の価値はどれだけ土俵に対して真剣に取り組んだか
にある。貴乃花が尊敬されるのは真剣で22回優勝を達成
したからである。偽りで得た地位、守った地位、得た賞、
そんなものにどれほどの値打ちがあるというのか。

喉元すぎれば熱さを忘れるという。再び八百長が問題に
なれば、大相撲は二度目は立ち直るきっかけを失うこと
になる。その自覚はけして忘れないでいてほしい。

いつもご愛読ありがとうございます
下部2カ所をクリックして応援してただければ幸いです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 


相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑         

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.