大相撲

■23春8日目 全勝翠富士対1敗大栄翔戦の早期実現を望む

横綱・大関休場のなか、優勝争いは激しさを増して
きた。残念ながら現時点では関脇陣は蚊帳の外であ
る。むろん、今後の展開次第では 3敗優勝が視野に
はいることは十分あり得る。

8日目、1敗の高安がまず登場した。対戦相手は3
勝4敗の平戸海である。この時点で堅くなる要素は
ない。しかし、相撲は、平戸海が食いついて高安を
寄り切った。高安は連敗で優勝戦線から一歩後退し
た。

<高安、平戸海に屈し2敗目>

全勝翠富士は碧山と対戦した。碧山は、破壊力はあ
るが、不利な体勢になるとあっさり負ける面がある。
この一番は後者になった。翠富士が離れての攻防か
ら食いつく体勢をつくった。じわじわ寄って、最後
正面土俵に寄り切った。翠富士はストレートで勝ち
越した。9日目の対戦は上位ではなく、宇良である。
いささかがっかりする取組編成である。

<翠富士、碧山を倒し全勝>

1敗大栄翔は2敗阿炎と対戦した。サバイバル戦で
ある。阿炎は先手を取って果敢に攻めたが、引きが
災いした。大栄翔の逆襲に押し出された。大栄翔は
1敗を守った。阿炎は3敗となり、一歩後退した。

<阿炎を倒し,」敗を死守した大栄翔>

最後は2敗同士のサバイバル戦である。若元春対正
代である。勝負は、正代の速攻の攻めが、若元春を
粉砕した。正代の速攻、出足はすばらしかった。今
場所は粘りをみせ、強い正代が復活した。正代がこ
のまま勝ち続けると興味深い存在になる。

<正代、速攻で若元春を粉砕>

8日目を終えて、全勝翠富士、1敗大栄翔となった。
両力士は10日目に激突させていただきたい。いつも
後手にまわる取組編成だが、今場所は、大関はいな
い。関脇陣はもう一つである。早めの対戦で三役リ
ーグ戦が失われることがないことを切に願う。

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.