大相撲

■23初 12日目 貴景勝の破綻は権威なき平幕優勝へ繋がる?

貴景勝は自分の押し相撲が取れず、霧馬山に左を差
され、すくい投げで土俵にはった。霧馬山を押せな
かった。連敗である。一時は1敗で単独トップに立
ったが、ここにきて急速に調子を落とした。

<貴景勝、霧馬山に敗れ3敗>

ただ、突然調子を落としたわけでなく、予兆はあっ
た。翠富士、錦富士にみる苦戦である。勝利したこ
とで貴景勝らしくない相撲を覆い隠してしまった。
押しに威力がないと勝利から見放される。それが貴
景勝の相撲である。

こうなったからいうのではなく、最初から横綱に結
びつけるのは時期尚早である。そういうことを口に
する方は横綱とはどういうものかまるでわかってい
ない。

後半最初の一番、2敗阿武咲は3敗玉鷲と対戦した。
上位初対戦である。相撲は、阿武咲があたり勝った。
玉鷲突き離すも引いたところを阿武咲がつけいって
押し出した。

<阿武咲、初の上位戦玉鷲に勝利>

阿武咲は10勝2敗で表面上トップに立った。その内
訳は、玉鷲戦以外は前頭5枚目以下の対戦である。
2敗は竜電と錦木である。ともに前頭5枚目である。

阿武咲、13日目は大関貴景勝戦である。貴景勝は4
小結、玉鷲、大栄翔、阿炎、翠富士などと対戦して
きた。阿武咲と雲泥の差の強敵、実力者ばかりであ
る。これを数字だけで比較しても権威ある優勝には
繋がらない。阿武咲は本当に強いのか。疑念が消え
ぬまま場所は最終盤を迎える。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.