大相撲

2023年はどうなる 優勝

昨年(2022年)は6場所優勝者が違った。この記録
は継続中である。なおかつ3場所連続平幕優勝中で
ある。昭和47年は6場所で記録はストップした。平
成3年は前後1場所を加え、8場所優勝者が異なっ
た。

<十一月場所優勝の阿炎>

昭和47年後は琴櫻が横綱に昇進してワンクッション
のあとに輪島が横綱になり、安定した成績をおさめ
た。平成3年後は貴花田、曙が台頭した。

現在の状況は優勝候補があげられず、誰が優勝する
かわからない状況にある。それは群雄割拠ではなく、
どんぐりの背比べである。深刻度はいっそう大きい。

<貴乃花>

現在は大関の足がかりさえつかめない状態である。
誰か抜け出す者が現れない限り、どんぐりの背比べ
はこれからも続くことになる。

朝青龍は入幕11場所後に大関、14場所後に横綱であ
った。時代の変わり目で実質ナンバー1であった。
朝青龍に対抗できる力士はいなかった。

<朝青龍>

今年を占うポイントは一月場所の優勝者になる。豊
昇龍や琴ノ若の成長株が優勝すれば、新しい流れが
出てくるかもしれない。そうでない限り、混迷の時
代は続くことになる。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.