大相撲

来なかった時代

昭和36年九月場所後、大鵬と柏戸が同日横綱に昇進
した。物理的には2場所連続優勝の大鵬が先に決ま
ったとみるのが常識である。柏戸は直前3場所優勝
がなく、大鵬と抱き合わせ的に横綱になった。大関
の勝率が大鵬と遜色がないが理由だったが、基準に
ないことをとってつけたように言うのはいかにもご
都合主義だった。

<大鵬>

これからは大鵬と柏戸の時代が来る。柏鵬時代来る
と思えた。しかし、歴史はそうは動かなかった。実
際は大鵬時代であった。

期待の若手力士が出現すると〇〇時代という風潮は
その後もあった。角界のプリンス貴ノ花と土の香り
がする力士大受の貴受時代。蔵前の星輪島と貴ノ花
の貴輪時代。大錦が新入幕で横綱・大関を倒し、三
賞を独占した。そうすると怪童北の湖と時代を築く
と期待され、湖錦時代が来ると騒がれた。

<北の湖>

しかし、こうした時代はついに来なかった。来たの
は輪湖時代であった。それも年齢差があったので、
すれ違いの部分があった。

現代は期待度が低いのかあるいは慎重なのかそうい
う声はない。期待の若手力士もなかかなか飛躍でき
ないでいる。2022年は優勝者の顔ぶれがすべて違っ
た。そこには若手の名前はなかった。若隆景は優勝
したとき27歳で現在は28歳になった。誰が強くなり
時代を築くのか。歴史の歯車は静かにまわっている。

<若隆景>
当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.