大相撲

2022年年間最多勝最終形

今年の年間最多勝が確定した。それが以下である。
単なる数字の比較ではなく、横綱・大関との対戦率
によってクラス分けした。また、幕内在位6場所の
力士を対象とした。

6場所幕内に在位した力士は32名である。幕内の定
員は42名だから、76%が幕内を1年間維持したこと
になる。その中で年間を通して勝ち越した力士は、
コロナ部屋ごと休場をカウントしない場合14人とな
った。

なお、参考として以下の力士をあげておく。
・幕内5場所
錦木 39勝34敗2休 横綱大関との対戦率7%
王鵬 38勝37敗   横綱大関との対戦率1%
琴勝峰34勝37敗4休

・幕内4場所
翠富士34勝26敗   横綱大関との対戦率8%

<年間最多勝の表彰を受ける若隆景>

年間最多勝は若隆景に輝いた。成績は57勝33敗だっ
た。九月場所まで琴ノ若に3勝差をつけていたが、
逃げ切った。琴ノ若は七月場所のコロナによる部屋
ごと休場1不戦敗4休が影響した。若隆景はすべて
関脇以下の地位での年間最多勝であった。数字は混
迷の時代を象徴する結果となった。

次点は琴ノ若と豊昇龍で、55勝であった。この数字
が63勝以上になったら大関もありえる。1横綱1大
関の今は大チャンスでもある。それを生かせるか否
かで両力士の運命が決まる。横綱照ノ富士が休場が
ちで大関の弱体化がもたらした結果となった。

<十一月場所、玉鷲に敗れ正代8敗目>

大関としての1年間、正代は40勝50敗と負け越しで
終わった。大関降格は必然であった。御嵩海はコロ
ナ部屋ごと休場を除くと42勝39敗である。一月場所
の優勝と三月場所の11勝の貯金の結果である。その
後3場所負け越している。コロナ部屋ごと休場とな
った七月場所もそのまま相撲を取っていたら負け越
しの可能性が高かった。

この1年6番以上取って、大関に勝ち越した力士が
琴ノ若をはじめ10人でた。大関の弱体化が数字を押
しあげた。なおかつ横綱に勝ち越した力士が玉鷲、
大栄翔、阿炎の3人である。照ノ富士にとっていや
な相手である。若隆景・琴ノ若・豊昇龍はいまだ横
綱照ノ富士に勝っていない。だれが突破口を開くの
か。来年の新たな見所である。

<五月場所、玉鷲が照ノ富士に快勝>

十一月場所で全敗した照強が32勝58敗とこの1年幕
内で最も負ける結果となった。

2023年はどのような年間最多勝レースになるのか。
新大関誕生はあるのか。今年の延長ではない展開を
期待したい。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.