大相撲

新十両の優勝【昭和編】

九月場所、栃武蔵が久々に新十両優勝を達成した。
新十両であるから当然前の場所は幕下である。それが
元幕内もいる十両で優勝するのだから簡単なことでは
ない。新十両優勝はどれくらいあって誰がいるのか。
調査してみた。

<栃武蔵>

はじめにお断りしておきたいのは、十両の優勝制度が
いつ始まったのかは定かでないということである。
昭和2年は、取り組む番数が各力士まちまちである。
例えば昭和2年春場所では6番、8番、9番、10番、
11番と不揃いである。これでは優勝制度があったとは
とうてい思えない。ここでは番数がそろった昭和3年
を仮の出発点として新十両優勝を選出した。なお、
幕内が東西制であっても、十両に東西制はない。昭和
の新十両優勝力士が以下である。

昭和新十両優勝力士は昭和3年以降では17人である。
少数派である。特に昭和33年以降は場所数が増え、
年6場所制になりながら急速に数字を減らし、わずか
4人である。

まず、本名で取っていた力士のその後の四股名を紹介
しよう。
岩平→若葉山
米川→朝潮
尾堀→大錦
なお、成山も本名だが、その後も成山であった。本名
幕内力士第1号であった。序二段、三段目時代に小野
岩を名のっていたことがある。

<朝汐のブロマイド>

新十両から連続優勝した脅威の新人が4人いる。和歌
嶋、駿河海、千代ノ山、國登である。千代ノ山はその
後横綱に昇進している。ほかに横綱になった新十両
優勝力士は武蔵山、羽黒山、米川だから昭和では意外
と狭き門である。羽黒山は各段優勝の記録をもつ。
米川は14勝1敗で新十両優勝最高成績であった。
なお、大関までいったのは昭和では琴ヶ濱だけで
ある。

<羽黒山のブロマイド>

昭和7年春場所、春秋園事件で大量の力士の脱退が
発生した。そのため、幕内、十両に繰り上げが目立っ
た。十両では20人中15人が新十両だった。そのなかで
大浪が新十両優勝した。

十両の枚数は和歌嶋が新十両優勝したときは11枚で
あった。羽黒山が新十両優勝したときは14枚目であっ
た。駿河海のころからは15枚目あった。高錦が新十両
優勝した当時十両は23枚もあった。同様に青ノ里の
ときは24枚であった。昭和42年五月場所、番付削減が
断行された、そのとき十両は18枚目から13枚目に削減
された。

<青ノ里のブロマイド>

昭和最後の新十両優勝力士秀ノ花は記憶に薄い力士で
ある。翌場所0勝11敗4休で一気に幕下まで降下
した。その後3場所連続全休し、再び十両に戻ること
は、なかった。

平成は31年しかないが新十両優勝は増加した。これに
ついては次回に触れることにする。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.