大相撲

幕内力士5年前の地位

10年は一昔前になるが、5年となると微妙である。
今から5年前の2017年七月場所、横綱は白鵬、日馬
富士、稀勢の里、鶴竜、大関に豪栄道がいたが、引退
している。幕内力士の5年前はどういう地位にいたの
か。今年の七月場所の番付からみていく。それが下記
である。

照ノ富士は5年前大関だが、そこから横綱に昇進した
わけではないのはよく知られている。このあと序二段
まで番付を下げ、そこから幕内に復帰するまで17場所
かかっている。復帰直後優勝している。その2場所後
から13勝-11勝-12勝優勝で大関に復帰した。その
直後12勝優勝-14勝で横綱に昇進したわけである。
このような奇跡の復活は2度とあるまい。

<照ノ富士幕内復帰場所で優勝>

御嶽海は5年前17場所連続小結・関脇在位中であっ
た。関脇以下最強であった。この間2度優勝してい
る。貴景勝は5年前の2017年七月場所はまだ入幕4
場所目であった。初優勝は2018年十一月場所であっ
た。大関昇進は2019年五月場所であった。正代は5年
前前頭筆頭だが、すでに小結・関脇を経験している。
大関昇進は約2年前である。

<御嶽海>

5年前幕内だった幕内力士は大栄翔、逸ノ城、玉鷲、
高安など21人に及んだ。千代大龍は七月場所の番付が
東10枚目だが、5年前の2017年七月場所も偶然同じ
地位だった。

阿炎は5年前、再十両の場所であった。十両から幕下
に落ちて10場所かかって戻ってきた。2018年一月場所
に入幕し、敢闘賞を受賞している。妙義龍は幕内に
定着していたが、初めて十両に降格した場所だった。
豊山は新入幕で負け越して十両落ちしていた。大奄美
は十両優勝しているし、翔猿は新十両であった。5年
前十両にいた力士は9人である。

若隆景は三段目付出でスタートして、5年前の2017年
七月場所は幕下38枚目であった。前場所三段目で優勝
したのが大きかった。兄の若元春は5年前幕下16枚目
だったが、入幕は若隆景のほうが7場所早かった。
隆の勝は幕下5枚目であった。当時の名は舛の勝で
あった。2場所後新十両となって隆の勝に改名した。
5年前幕下だった力士は霧馬山ら7人いる。

<若隆景>

5年前の2017年七月場所、豊昇龍は三段目であった。
序ノ口から3場所目であった。まだ相撲界に不慣れな
時期であった。同期の王鵬も三段目であった。豊昇龍
の新入幕は2019年一月場所であり、王鵬は2022年一月
場所だから差がついた。5年前三段目だった力士は
錦富士など4人いる。

<豊昇龍>

驚くべきは5年前、入門前だった力士がいる。琴勝峰
である。序ノ口は2018年一月場所。入幕は2020年五月
場所であった。五月場所は中止になったので事実上
七月場所となった。

<琴手計(琴勝峰)の新序出世披露>

5年前幕内の地位にいた幕内力士は21人、同十両9
人、同幕下7人、同三段目4人、入門前1人となっ
た。今後どう変化していくのか注目していきたい。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.