大相撲

逸ノ城の摩訶不思議

七月場所は新型コロナウイルスで部屋ごと休場が多発
した。場所は揺れに揺れた。不戦勝のオンパレードと
なった。開催は大丈夫なのかというところまで追い
詰められた。そんななか前頭上位の逸ノ城が初優勝
して幕を閉じた。成績は12勝3敗であった。逸ノ城は
過去13勝、14勝をあげたことがある。そのときは優勝
できなかったから摩訶不思議である。

<逸ノ城初優勝>

13勝は新入幕のときであった。2014年九月場所、逸ノ
城旋風が吹きあれた。前頭10枚目で初日から快調に
白星を積み重ねていった。7日目は勢に1敗したもの
の、その後も勝ち続けた。11日目大関稀勢の里と対戦
した。これをはたき込みで突破すると12日目は大関
豪栄道戦を組まれた。これをパワーで圧倒した。

<大関稀勢の里をはたき込む逸ノ城>
<豪栄道を上手投げで圧倒した逸ノ城>

12日目、ついに2敗横綱鶴竜と対戦することになっ
た。新入幕が横綱と対戦する、ということで俄然注目
を集めた。鶴竜に気負いがあったのか、逸ノ城は左に
動いてはたき込んだ。新入幕が横綱戦勝利というめっ
たにない偉業を成し遂げた。14日目ついに1敗同士で
横綱白鵬と激突した。白鵬の上手投げに屈したが、
堂々の13勝をあげ、殊勲賞と敢闘賞を受賞した。

<横綱鶴竜をはたき込む逸ノ城>

逸ノ城の摩訶不思議は2019年三月場所に訪れた。逸ノ
城は前頭西4枚目であった。横綱・大関とは半枚違い
で対戦圏外であった。逸ノ城は初日から連戦連勝。
7日目大関栃ノ心と対戦した。これは東3枚目に同
部屋栃煌山がいたためであった。逸ノ城は1敗した
が、翌日の大関豪栄道戦は勝利した。これも西2枚目
に同部屋の妙義龍がいたために組まれたわけである。

ところがこの後いっさい横綱・大関戦がなかったので
ある。特に白鵬は全勝で優勝を争う力士である。つい
に最後まで組まれず、白鵬が15戦全勝で優勝。逸ノ城
は大関2番だけの14勝1敗となった。今なら考えられ
ない不手際である。

<力相撲となった栃ノ心と逸ノ城の十両優勝決定戦>

2014年五月場所、逸ノ城は新十両の場所11勝4敗で
優勝している。ところが翌場所13勝2敗をあげながら
優勝決定戦で敗れ、逃している。優勝決定戦を制した
のは栃ノ心である。栃ノ心はケガのため全休で番付を
幕下まで下げていた。幕下で連続優勝して十両に戻っ
てきた。そして、逸ノ城に優勝決定戦で勝って、優勝
したのである。11勝で十両優勝し、13勝で逃す。逸ノ
城はやはり摩訶不思議な力士である。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.