大相撲

2022年七月場所直前考

ここ1年、千秋楽を迎えて優勝圏内の力士は誰だった
のか。それが以下である。

2021年
七月場所 無敗白鵬 無敗照ノ富士
九月場所 2敗照ノ富士 3敗妙義龍
十一月場所 無敗照ノ富士
2022年
一月場所 2敗御嶽海 3敗照ノ富士・阿炎
三月場所 2敗若隆景・高安
五月場所 3敗照ノ富士・隆の勝

2022年五月場所は4敗の大栄翔、佐田ノ海も優勝圏内
ではないか、という声があるが、4敗はもはや優勝
ではない。単なる1位にすぎない。だからあえて記載
しなかった。

<照ノ富士>

さてこうしてみると照ノ富士以外は誰が優勝圏内かは
まるで予想がつかないことがわかる。白鵬は横綱だが
休場が多く、ひざの手術をしてリハリビで望んだ場所
であった。だから場所前優勝候補にはあげにくい状態
だった。事実白鵬は翌場所後引退している。ほかの
力士の翌場所の成績は以下である。

妙義龍 2勝13敗
御嶽海 11勝4敗
阿炎  8勝7敗
若隆景 9勝6敗
高安  6勝9敗
隆の勝 ?

<2021年7月白鵬(手前)と照ノ富士の千秋楽全勝決戦>

要するに御嶽海だけが翌場所2ケタ勝利した。その
御嶽海も七月場所はカド番である。だが、カド番優勝
はこれまで8例ある。

貴ノ花
小錦
貴ノ花(のちの貴乃花)
魁皇
千代大海
栃東
琴欧洲
豪栄道

<2022年1月 優勝した御嶽海>

御嶽海とて可能性はある。それだけの地力はもって
いる。カド番といえば正代もそうである。これまで
3度あるが、以下の成績でのり切った。
11勝4敗
9勝6敗
9勝6敗
それにしても大関在位10場所で4度はいささか多すぎ
る。ちなみに貴景勝は大関17場所中6回負け越して
いる。七月場所はカド番ではないが、今年に入って
1勝-8勝-8勝と存在感は薄れる一方である。「大
関はなってしまえば関脇以下より楽」では看板に偽り
ありになってしまう。

関脇以下では誰が幕内上位で連続2ケタ勝利をあげ
られるか。七月場所に限っては大栄翔、隆の勝が挑戦
することになる。霧馬山は連続10勝している。3場所
連続なるか。3場所連続2ケタは幕内上位では照ノ
富士が4場所連続・8場所連続、貴景勝・御嶽海が
3場所連続を1度達成しているのみである。

<霧馬山>

12勝-9勝の若隆景の大関昇進はあるのか。数字から
いうと12勝なら33勝である。しかし、若隆景にとって
12勝は自己最高成績なのである。簡単な話ではない。
七月場所は注目の朝乃山が帰ってくる。いよいよ場所
が始まらんとしている。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.