大相撲

時津風部屋が生んだ1横綱4大関 上

時津風部屋というと、大関正代、豊山が所属し、5月
に断髪した豊ノ島が年寄井筒として在籍する部屋でも
ある。時津風部屋はいまや名門と呼ばれるまでになっ
た。時津風部屋は、双葉山が立浪(元緑嶋)部屋から
昭和16年双葉山相撲道場として独立したことに始まる。
このとき盟友元鏡岩の粂川が弟子も建物も差し出し、
託した。双葉山引退後時津風部屋となった。そして
この部屋から1横綱4大関が誕生している。

<双葉山のブロマイド>

まず、鏡里が昭和26年夏場所大関に昇進した。鏡里は
元鏡岩の粂川の弟子であった。昇進直前の3場所は
9勝-8勝-11勝であった。そのため、昇進はないと
思い、番付編成会議の日(当時は千秋楽の翌日であっ
た)友人を見送りに行っていたほどであった。大関
6場所目に14勝1敗で初優勝した。横綱昇進は11勝-
12勝-14勝優勝で横審に諮問せずに、協会が決め、
もめる結果となった。結局最終的に昇進が決まった。
現代ならありえない。

<鏡里のブロマイド>

なお、大正15年の優勝制度以降、昇進直前3場所の
初優勝だけで横綱に昇進した力士は羽黒山、鏡里、
吉葉山、鶴竜、稀勢の里である。横綱昇進直前3場所
優勝なしの横綱昇進もけっこうある。鏡里は堂々たる
太鼓腹でお相撲さんらしかったが、人気はもうひとつ
だった。千代の山、栃錦、若乃花に対戦成績で勝ち
越している。横綱勝率0.693=1場所10.4勝、横綱優勝
率0.143=10場所で1.4回優勝、横綱出場率0.905=1年
で81日出場であった。

大内山は双葉山相撲道場に入門してきた2メートルを
こす超大型力士であった。それにも関わらず、足腰は
柔らかかった。相撲の経験はなかった。大内山が横綱・
大関とフルに対戦して勝ち越したのは、昭和26年春
場所であった。新小結で10勝した。同部屋の鏡里は
すでに大関であった。大関昇進はそれから4年後で
あった。その直前の昭和30年春場所、大内山は横綱
千代の山と優勝を争った。優勝決定戦で敗れ、惜しく
も優勝はならなかったが、13勝2敗で大関昇進を決め
た。大内山最高の場所であった。

<大内山のブロマイド>

大内山はギョロリと目をむくと怖かったが、心根は
やさしかった。そのため、突っ張りは相手をこわさ
ないようにという配慮があった。新大関の場所の千秋
楽、優勝を決めた横綱栃錦と対戦した。栃錦は13勝
1敗。新大関大内山は14日目まで9勝5敗と2ケタ
勝利をかける。立ち上がるや大内山はヤツデのような
大きな手で突っ張る。栃錦の顔面に何発も入る。栃錦
の顔がみるみる紅潮していく。栃錦よく耐えて、一度
は組み止めるも再び離れて、大内山の強烈な突っ張り
が炸裂する。苦戦の栃錦、大内山の首に飛びつき、
あざやかな首投げを決め、激闘に終止符をうった。

<栃錦のブロマイド>

優勝が決まった千秋楽とは思えない死闘に観衆も驚愕
した。栃錦の師匠元栃木山の春日野も「優勝が決まっ
ていたのにあきらめずによくやった」と賞賛した。
この勝負は名勝負としてたびたび放送された。大相撲
の記憶に残る一番であった。大内山はこのあと大関在位
7場所で大関の座を明け渡している。

(この項目続く)

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.