大相撲

2022年三月場所十両を目指す幕下の戦い

幕下の上位は十両を狙える地位である。だが
お互いに星をつぶし合うのだから、上位全員
が勝ち上がることはない。相撲は7番しか
ないのだからそこでは熱い戦いが繰り広げ
られる。

先場所惜しくも十両昇進がならなかった栃丸
は西筆頭に位置した。同じ春日野(元栃乃
和歌)部屋の菅野は大勝ちして東2枚目に
番付をあげてきた。先場所幕下優勝した西川
が東3枚目に達した。なお、西川は元豪栄道
の武隈部屋所属である。

<栃丸、接戦をのなか西川から勝利>

栃丸と西川が1勝した後3日目に激突した。
相撲は激しい突き合いとなった。相撲が長引
きそうだったが、栃丸の突き落としが決まっ
た。西川戦を制した栃丸は快調。8日目まで
に4勝して勝ち越しを決めた。

初の幕下上位の菅野は3連敗と追い詰められ
た。西川も菅野戦の1勝後は3連敗と厳しい
状況となった。そんな中で星をあげてきた
のが北青鵬である。西5枚目、8日までで
3勝1敗である。また、東6枚目千代の海が
4戦全勝であった。

<北青鵬、栃丸に快勝>

栃丸は9日目全勝同士で千代の海と対戦した。
この一番千代の海が勝って5戦全勝とした。
11日目には4勝1敗同士の栃丸対北青鵬が
実現した。元十両の北青鵬が勝って星をのば
した。

この間東筆頭千代嵐が4勝2敗と勝ち越しを
決めた。2敗は栃丸と北青鵬によるもので
ある。また、西川は 1勝3敗から連勝して
3勝3敗と五分にした。

<千代嵐(左)>

そして運命の7番相撲を迎えた。13日目6勝
の千代の海は同じく6勝の金峰山と対戦した。
勝てば文句なしに十両入りである。だが、
金峰山の突きは威力があった。千代の海は
東6枚目6勝1敗で終わった。同じ日西川は
7番相撲を制し、4勝3敗東3枚目で結果を
待つことになった。東筆頭千代嵐は敗れたが
4勝3敗で十両入りが濃厚であった。

<金峰山が幕下優勝!千代の海は痛恨の1敗>

14日目西筆頭の栃丸は千代栄に勇んでいった
が、敗退した。それでも西筆頭4勝3敗と
十両昇進が有力視された。千秋楽西5枚目
5勝1敗の北青鵬は狼雅に敗れ、十両復帰は
難しくなった。

今日3月30日十両が発表された。千代嵐の
復帰と栃丸の新十両だけであった。当初十両
からは琴裕将、貴健斗、白鷹山、美ノ海の
4人が降格と思われていたので、意外な結果
であった。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.