大相撲

■22春14日目 見応え十分!必死の力の激突

1勝5敗からの6連勝。正代必死の土俵が
続く。13日目は琴ノ若に負け7勝6敗となる
も勝ち越しまであと1勝と迫った。だが、
今日14日目に負けると7勝7敗と追い詰めら
れる。連敗中は魂ここにあらずのような負け
方だった。だが、気迫がともなってようやく
正代らしさが出てきた。

14日目は優勝戦線のトップをいくのは高安で
ある。まだ、優勝がない高安。千載一遇の
チャンスである。栃ノ心も玉鷲も大栄翔も
成し遂げた優勝。今度こそ自分の番である。

<正代、高安に逆転勝利>

必死の男と必死の男の戦いである。相撲は
正代が先に攻め込んだ。体勢が十分でなく
高安が逆襲。向こう正面追い込まれた正代。
体を開いてくずれた体勢からすくい投げで
逆転した。短い時間だったが、互いの必死さ
は伝わってきた。

それに比べて御嶽海の相撲は大関らしさが
ない、の一語につきる。幕内中位以下から
勝ち込んできた琴ノ若にいいように取られて
負けている。それは高安に対しても同様で
ある。これではダメ大関の仲間入り同然で
ある。

<御嶽海、琴ノ若に簡単に敗北>

高安2敗を目の当たりにして若隆景が燃えぬ
わけがない。貴景勝の押しにいったん下がっ
たものの組んで寄り返せたものは地力を超越
したモノであった。貴景勝を必死の力で正面
土俵寄り切った。

<若隆景、貴景勝を寄り切って2敗死守>

千秋楽、高安は意外にも7勝7敗の関脇阿炎
対と戦することになった。高安にとっては
霧馬山や逸ノ城よりやりにくい相手かもしれ
ない。阿炎は四つにはいかず、突いて出る
だけに高安にとってはやっかいである。高安、
運命の一番は阿炎となった。

若隆景はなんと結びで正代と対戦する。この
一番正代の気迫次第である。正代は優勝戦線
をかきまわすことで存在感を示せる。

優勝争いは2敗若隆景・高安、3敗琴ノ若と
いう思いもよらぬ面々で千秋楽を迎える。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.