大相撲

2022年一月場所直前考

十一月場所、千秋楽は番付通りなら、照ノ
富士対正代なるところ、優勝争いを優先して
照ノ富士対貴景勝になった。しかし、2差
あったため、優勝は14日目全勝照ノ富士に
決定していた。千秋楽は照ノ富士が全勝優勝
できるかどうかに焦点が移っていた。といっ
ても平幕下位で勝ち込んできた阿炎にやす
やすと負ける貴景勝に、照ノ富士の全勝スト
ップは期待しにくかった。結果はその通りに
なった。

<2021年11月千秋楽 照ノ富士、貴景勝に勝って全勝優勝>

一月場所も照ノ富士中心の優勝争いになり
そうである。一月場所は初優勝が多いという
が、その内訳は以下である。
大関 琴奨菊  
大関 稀勢の里 
栃ノ心  2横綱休場 鶴竜と対戦し敗北
玉鷲   2横綱休場 白鵬と対戦し勝利
徳勝龍  2横綱休場
大栄翔  2横綱休場

<稀勢の里>

琴奨菊、稀勢の里は大関なのだから優勝して
も不思議なことではない。稀勢の里は何度も
優勝を逃し、初優勝後に横綱に昇進している。
栃ノ心は2横綱休場の中で出場横綱鶴竜に
敗れ、14勝1敗の優勝だった。玉鷲は2横綱
休場のなか、横綱白鵬に勝っている。白鵬は
14日目から休場している。徳勝龍、大栄翔は
ともに2横綱休場の中での横綱戦なしの優勝
だった。

<栃ノ心初優勝>

初優勝は幕内力士の中心的存在が休場、また
は不調のときにおこりやすい。しかも初優勝
となると隆の勝、明生、若隆景が考えられる
が、照ノ富士次第である。筆頭若隆景は連日
横綱・大関戦が予想される。

大関を目指す御嶽海、隆の勝は一月場所が
大事になる。2ケタ勝たねば大関への足がガ
リとはならない。御嶽海はとっくに大関なっ
ていても不思議ではない。これまで2回優勝
しながら、決定打に欠けていた。待望の大関
は横綱が狙える大関であるが、御嶽海、隆の
勝には荷が重いか。

<2021年11月 阿炎、貴景勝から勝利>

先場所、幕内に復帰した阿炎は12勝し、敢闘
賞受賞と活躍した。引き続き活躍できるか。
横綱・大関との対戦圏外なのでなんともはか
りかねるが、地力はある。とはいえ、まわり
の阿炎をみる目が違ってくる。阿炎は真価を
問われることになる。

新入幕は王鵬と若元春だが、敢闘賞はある
のか。常識的に考えたら勝ち越せば上出来で
あるが 新入幕の敢闘賞がみたい気がする。

一月場所は9日から15日間である。

今場所も15日間観戦します。
興味深いテーマをこれからもお届けします。、

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.