大相撲

すれ違いの優勝争い1

九月場所優勝した横綱照ノ富士と次点前頭
10枚目妙義龍・前頭11枚目遠藤との直接対決
はついになかった。いうなればすれ違いの
優勝争いだったわけである。それだけに盛り
上がっているようで、どこかしっくりしない
感覚が残ってしまった。こうしたケースは
これが初めてというわけではない。そこで
優勝制度がスタートした大正15年以降すれ
違いの優勝争いを調べてみた。

優勝制度が始まった大正15年は東西制であっ
た。東西対抗の団体戦であった。同じ方屋
同士の対戦はなかった。優勝決定戦はなく、
同成績なら番付上位者が優勝となった。
最初の優勝制度となった大正15年春場所、
優勝者常ノ花、次点常陸岩は同部屋である
だけに同じ方屋のケースにあてはまってしま
った。常陸岩の1敗は平幕の吉野山であった。
この場所玉錦が新入幕している。

<常陸岩のブロマイド>

大正15年夏場所、優勝者大蛇山は関脇常陸岩、
小結福柳と対戦はあるが、大関大ノ里戦は
なかった。次点の錦洋は三役戦がまったく
なかった。大蛇山は平幕の白岩に敗れ、錦洋
は平幕の玉錦に敗れている。昭和6年まで
優勝者、次点者が同部屋を含め、ほとんど
同じ方屋のケースであった。東西制は本当の
意味で優勝争いができる下地とはいえなかっ
た。

<三杉磯のブロマイド>

違う方屋ですれ違いの優勝争いをしたのが
昭和3年春場所であった。千秋楽をむかえ
前頭13枚目の三杉磯は全勝、大関常陸岩は
1敗であった。同成績の場合は番付上位力士
が優勝であった。平幕の三杉磯は千秋楽に
小結玉錦とあてられた。前日から玉錦のもと
には八百長の申し入れがあったようだが、
玉錦は断った。

むかえた千秋楽。玉錦は三杉磯との一番、
負けては八百長と思われるので必死でうっ
ちゃった。大関常陸岩が横綱宮城山を倒し、
優勝を決めた。玉錦は常陸岩の後援筋から
宴会に誘われたが「人のために相撲は取ら
ない」と断ったという。

<玉錦のブロマイド>

現代では勝ち込んだ下位が上位と対戦する
のはあたり前である。だが、当時三杉磯が
小結と組まれたのは謀略とまで三杉磯サイド
に言われた。また、常陸岩に不戦勝がある
ので実質的には三杉磯が上とまで言い出した。
だが、常陸岩の優勝は動かなかった。

ゴルゴ13をまとめ読みしています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.