大相撲

2021年九月横綱・大関に挑む12人のサムライ

宮城野部屋から新型コロナウイルスの感染者
がでたことで、部屋ごと休場になった。その
ため、陰性の白鵬も休場となった。先場所
全勝優勝した力士の休場で、豊昇龍との対戦
はなくなった。親子2代にわたる琴ノ若戦も
消えた。ちなみに白鵬が琴ノ若父と対戦した
のは2004年十一月場所と2005年一月場所で
ある。2度の対戦はいずれも白鵬が勝って
いる。このとき白鵬19歳、琴ノ若父36歳で
あった。

<七月場所全勝優勝した白鵬>

九月場所は1横綱2大関での開催になる。
大関の弱体もあり、かなり手薄の印象がある。
それでも関脇以下の上位力士は勝ち越すため
に避けては通れない対戦である。ちなみに
七月場所の上位力士の勝ち越しは御嶽海、
明生、隆の勝、逸ノ城、北勝富士の5人で
ある。横綱・大関に挑む12人のサムライの
ここ1年間の横綱・大関戦の成績は以下で
ある。なお、高安は元大関のプライドから
ここには加えなかった。

ここ1年上位にいた力士は4人いる。まず
御嶽海である。2020年九月場所は取組編成の
まずさから御嶽海対大関貴景勝戦が組まれ
なかった。大関戦は互角に近い成績を残して
いるが、もうひとつぱっとしない。三賞を
受賞するほどの活躍はない。このあたりが、
何とも物足りない。照ノ富士には5連敗中で
通用しなくなっている。それだけにこのあた
りで御嶽海ありを示していただきたい。

2人目は隆の勝である。五月場所は5勝10敗
で関脇の座を明け渡した。先場所は8勝と
戻してきた。七月場所は白鵬を最も追い込ん
だ。白鵬の後ろに一瞬つきながら、勝利が
惜しくも逃げていった。同部屋の貴景勝戦が
ないだけに有利である。意外なことに隆の勝
は三賞受賞が1回しかない。何か決め手に
欠けているとしか思えない。なお、十一月
場所は横綱・大関が休場したため、対戦が
なかった。

<隆の勝>

ここ1年すべて上位にいた力士の3人目は
北勝富士である。北勝富士は勝ち越しと負け
越しを繰り返している。ここ1年間の成績は
47勝43敗である。番付運もあり、関脇・小結
には1度もついていない。大関戦は4勝11敗
と勝てなくなってきている。九月場所は、
勝ち越し、負け越しは紙一重になりそうで
ある。

<北勝富士>

4人目は大栄翔である。ここ2場所は6勝、
5勝と負け越し、一月場所の優勝が薄れる
結果となっている。押し相撲はどうしても
波がある。型にはまり、リズムよく押して
いるときはいいが、ひとたびくるうと勝て
なくなる。九月場所は大栄翔のよさを発揮し、
存在価値を発揮していただきたい。

ほかに新関脇明生が面白い。上位で3場所
連続勝ち越し中である。きびきびした相撲は
魅力的である。特に4連敗中の照ノ富士戦は
どういう相撲を取るか。どういう工夫をみせ
るか。対戦は後半が予想される。眠れる巨象
逸ノ城は先場所上位で唯一10勝した。力は
あるのだろうが、土俵際ねばることはない。
物足りない逸ノ城が少なければ活躍できる。

<明生>

非常事態宣言の中で九月場所が始まろうと
している。

3代目若乃花が日刊スポーツ評論家として登場します。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.