大相撲

年間最多勝と無縁の横綱1

優勝制度は大正15年に始まった。それととも
に不戦勝不戦敗制度、取り直し制度が整備
されていった。国技館開設とともに始まった
のは時事新報社による幕内最高成績者の写真
額を国技館に掲げる制度である。現在年間
最多勝の変遷を執筆中だが、そこからは逆に
年間最多勝とは無縁の横綱も浮かびあがって
きた。

<武蔵山のブロマイド>

戦前では武蔵山、男女ノ川である。武蔵山は
休場が多く、男女ノ川は大関・横綱での優勝
はなかった。安藝ノ海は年間最多勝力士に
なっているが、関脇のときである。

戦後、東富士、吉葉山、鏡里は年間最多勝
力士にはなっているが、大関以下で、である。
前田山は横綱になったもののさんざんな成績
しか残していない。年間最多勝と無縁の横綱
である。昭和最弱横綱は武蔵山か前田山かと
いわれるほどである。戦前横綱に昇進した
照國は戦後年間最多勝力士になっている。

<前田山のブロマイド>

朝潮は、年間最多勝はおろか、次点にさえ
なったことがない。当時は巨人伝説があり、
朝潮への期待は大きかった。だが、強い朝潮
と弱い朝潮が常に同居し、ついに花開くこと
はなかった。年間最多勝はおろか、次点に
さえなったことがないのは栃ノ海も同様で
ある。頭からあたって両前褌を取り、拝んで
出る寄り、出し投げは技の手本であった。
椎間板ヘルニアと右上腕筋肉断裂で勝てなく
なった。悲劇の横綱であった。

<朝潮のブロマイド>

年間最多勝に無縁の横綱に琴櫻がいる。実は
琴櫻ほど横綱になられたら迷惑と思われた
力士はいない。大関時代はたよりにならない
だけでなく、無気力相撲で注意を受けている。
観察委員はあんに途中休場をほのめかしたが、
琴櫻は応じなかった。また大関で連続優勝
したときが32歳で、先があまりないと見られ
ていた。事実短命で終わっている。

(この項目続く)

早寝早起き。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.