大相撲

2021年2月幕下以下の四股名あれこれ1

2021年一月場所の番付では幕下以下の力士は
595人いる。本名力士もいるが、幕下以下は
四股名が花盛りである。部屋特有の字をつけ
た四股名から幕内には見られない感覚の四股
名があふれている。

【難読四股名】
幕内には天空海と書いてあくあと読む力士が
いる。次の四股名が読めるだろうか。
鷹翔 大海 生田目 若洸闘 富蘭志壽 
天惠 朝翔 奥武山 黒熊 黎大 華吹

<2019年9月幕下天空海(右)対明瀬山>

鷹翔はおうかと読む。翔の字から追手風(元
大翔山)部屋と思いきや湊(元湊富士)部屋
の力士である。「翔」はかけるとも読むが
送り仮名は「る」である。大海はたいよう
と読む。尾上(元濱ノ嶋)部屋の力士である。
生田目はなばためと読み、本名である。二子
山(元雅山)部屋所属。日本ハムファイター
ズにも同名の選手がおり、地名にもある。

<2019年9月鷹翔 (左)対光源氏>

若洸闘はわかひろと読む。本名洸斗(ひろ
と)にちなんだ四股名である。常盤山(元
隆三杉)部屋。洸はこうと読むが、名乗り
(人の名前に使われる漢字の読み方)では
ひろと読むことがある。富蘭志壽はふらん
しつと読む。本名に漢字をあてたものである。
式秀(元北桜)部屋の力士でフィリピン出身
である。

<2019年9月富蘭志壽(左)対石東>

天惠はてんえいと読む。惠は恵の旧字体で、
あり、けい、えとは読むが本来えいとは読ま
ない。高田川(元安芸乃島)部屋の力士で
ある。朝翔はあさはばたきと読む。高砂(元
朝赤龍)部屋の力士である。奥武山はおうの
やまと読む。沖縄県出身立浪(元旭豊)部屋。
沖縄には奥武山町という地名がある。黒熊は
くろかげと読む。宮城野(元竹葉山)部屋の
力士である。

黎大はれおんと読む。式秀(元北桜)部屋の
力士である。実はこれは本名の下の名前なの
である。式秀部屋にはほかに爆羅騎という
下の名前力士がいる。なお、立浪(元旭豊)
部屋の羅王(これも下は本名)と爆羅騎は
兄弟である。華吹は50歳の力士としてニュー
スになった。はなかぜと読む。立浪(元旭豊)
部屋の力士である。一月場所の番付は序ノ口
である。

【1文字四股名】
幕内には輝という1文字四股名の力士がいる。
1文字四股名は珍しいが、幕下以下はどうか。
                                               
彩 葵 天(あまね) 錣山(元寺尾)部屋
漣(さざなみ) 頂 伊勢ノ海(元北勝鬨)
部屋
暁 櫻 藍 高田川(元安芸乃島)部屋
鋼  陸奥(元霧島)部屋
魁  芝田山(元大乃国)部屋
美(ちゅら) 宮城野(元竹葉山)部屋
爽(さわやか) 式秀(元北桜)部屋
雅 二子山(元雅山)部屋
煌(きらめき) 朝日山(元琴錦)部屋

<一月場所幕下優勝した魁>

錣山(元寺尾)部屋・高田川(元安芸乃島)
部屋は3人いる。魁・彩は元十両である。
美(ちゅら)は沖縄出身である。沖縄には
沖縄美ら海水族館がある。十両には美ノ海が
いる。鋼は元井筒部屋の力士である。なお、
芝、表、町などの本名力士は入れなかった。

(この項目続く)

自転車で遠出しました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.