大相撲

2020年大相撲10大ニュース2位・1位

■2位 序二段からの復活!照ノ富士が2回目の優勝

七月場所は千秋楽を迎え優勝争いは4人に
しぼられた。

2敗照ノ富士対3敗御嶽海
3敗同士朝乃山対正代

照ノ富士が御嶽海に敗れた場合は巴戦に突入
する。その場合、照ノ富士はひざがもたない
のでは。それなら最初の一番に掛けてくる。
取組は優勝に直結する二番に向けて着々と
進行していく。大栄翔対妙義龍戦後ついに
照ノ富と対御嶽海が土俵に上がった。単独
優勝か、優勝決定巴戦か。激突の瞬間が来た。
照ノ富士は踏み込んで左上手、右も挟み込む
ようにして上手まわしを取って、そのまま
出て寄り切り。この瞬間、照ノ富士の約5年
ぶり2回目の優勝が決定した。

<御嶽海を寄り切る>

大関から序二段まで落ちながらの復活劇だっ
た。不撓不屈、それを一言でいうのは簡単
だけど、誰にでもやれることではなかった。
これまで元大関は十両では取れないがまかり
通っていただけに、なおさらである。幕内
復帰の場所の優勝、大相撲はドラマだ、土俵
は人生の縮図を改めて感じさせてくれた。
感動と賞賛に値する以上の優勝となった。

<照ノ富士2回目の優勝>

HR氏が2位に、M氏が3位に、KW氏が
5位に、S氏が8位に、T氏が9位に、A氏
が千代の国・宇良とセットで幕下以下の復活
として6位にあげている。

■1位 コロナ非常事態宣言で五月場所中止

新型コロナウイルスの猛威は収束する気配が
なく、非常事態宣言が5月31日まで延期され
ることになった。プロ野球、Jリーグは開幕
できる状態ではない。インターハイは中止に
なった。こうしたなか、5月4日、五月場所
の中止が日本相撲協会から正式に発表された。
新たなお知らせとして七月場所は東京開催に
踏み切った理由は、大集団の移動、移住に
よる地元への配慮からである。さらに、九月
場所後の秋巡業の中止を決定したことである。

<日刊スポーツの記事>

三月場所は無観客開催でのり切った。だが、
状況は3月より、はるかに深刻である。人
との接触8割減目標、お店への自粛・休業
要請。人々にはスティホーム要請など国民
生活に深刻な打撃を与えている。相撲部屋は
共同生活だけにリスクは大きく、現に感染者
を複数出していた。

また、出稽古禁止、申し合い、ぶつかり稽古
の自粛では、ケガの心配、不十分な相撲に
つながりかねなかった。症状が出なくても
陽性があり得るのでは、本場所感染の危険性
は否定できなかった。五月場所の初日を2週
間延期したが、どうにもならなかった。

<スポーツニッポンの記事>

S氏・T氏・M氏が1位に、KW氏が三月
場所の無観客・五月場所の中止・地方場所の
中止をひとくくりにしての1位に、A氏が
無観客、中止、名古屋・九州なし、観客制限
をひとくくりにしての1位にあげている。

北海道から珍味が届きました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.